News

  • カナダGP - ザウバー - 決勝

1点をもぎ取ったルクレール

Nobu / Me
2018年6月11日 « ダブル入賞を達成したルノー | 「特別な日」の勝利を喜ぶベッテル »
© Charles Coates/Getty Images
拡大

現地10日(日)に開催されたシーズン第7戦カナダGP決勝レースでザウバーのシャルル・ルクレールが10位入賞を果たし、マーカス・エリクソンは15位で完走した。

マーカス・エリクソン

「僕にとってはとても厳しいレースだった。レースの前半はほかのクルマの後ろで奮闘して、多くのタイムを失った。後半はまずまずだった。レースの最後までタイヤをもたせることができたのはポジティブなことだね。結果についてはがっかりしている。予選をもっとうまくやらないといけない。今のところ僕には予選にまだ改善の余地があると思っている。いい方法を見つけられる自信があるし、これから数戦を楽しみにしている」

シャルル・ルクレール

「今日はいいレースだった。結果にはとても満足している。4レース続けていい仕事ができているし、ずっと改善し続けている。チームと皆の仕事には誇りを持っている。モントリオールのこのサーキットのコツをつかめてエキサイティングだったし、ドライビングをすごく楽しめたよ。ここで学んだことをちゃんと持ち帰って、次の数レースでもポジティブが続くようにしていきたい」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「全体としてわれわれにとって良い週末だった。Q2に1台(シャルル・ルクレール)が進んだのは、これで4戦連続のことになる。今日のレースもまた良かった。シャルルはライバルたちの前に踏みとどまり、自ら道を切り開いて、再びチームのためにポイントを獲得してくれた。マーカスも同様に良い仕事をしたが、残念ながらピットストップ後に別のマシンの後ろに引っかかってしまった。チームは今回も非常に速いピットストップを見せる良い仕事をした。全てが一体となりつつあり、ポジティブな様相を示している。チームとして良い前進ができているよ。このまま集中を保ち、この方向で今後のレースに取り組まなければならない」

© ESPN Sports Media Ltd.