News

  • カナダGP - ルノー - 決勝

ダブル入賞を達成したルノー

Nobu / M.S.
2018年6月11日 « チーム力で大量点を得たレッドブル | 1点をもぎ取ったルクレール »
© Dan Istitene/Getty Images
拡大

現地10日(日)に開催されたシーズン第7戦カナダGP決勝レースに挑んだルノーはニコ・ヒュルケンベルグとカルロス・サインツが7位と8位に入り、ダブル入賞を達成した。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「今日はレースをうまくまとめることができたし、皆の努力のおかげだよ。コンストラクターズ選手権で10ポイントを取れたのはポジティブで、中団ブループのライバルたちに対し、4位の位置でリードを広げることができた。今日は接戦で、スタートで一つ順位を落としたけど、オコンをオーバーカットで抜くことができた。最初のスティントで彼に抑えられていたから、2ラップ分、伸ばすことにしたんだ。その後は、タイヤをマネジメントすることに終始した。レース終盤ではデグラデーションが始まったからとても大変だった」

カルロス・サインツ

「コンストラクターズ選手権で10ポイント取れてチームにはいい一日だった。また一歩前進したし、中団のほかのチームと比べてもレースペースがよかった。僕たちは2台ともポイント圏内で終えたかったから、この結果にはとても満足だよ。とはいえ、僕たちにとってはとても静かなレースだったけどね! チームは昨日手堅い仕事をしてくれて、今日もフォース・インディアの前に出してくれた。終盤ではもっとひどいデグラデーションに見舞われるかと思っていたけど、うまいタイヤマネジメントで持ち直した」

シリル・アビテブール(チーム代表)

「今日の結果はきわめてポジティブで、ニコとカルロスは前にいるライバルたちと比較したときに今のルノーR.S.18が持っているペースで可能なかぎり良い位置につけている。ピットウオールの判断が優れていたおかげで、パーフェクトとは言えないスタートをリカバーする戦略をとることができた。今日獲得した10ポイントはコンストラクターズ選手権においてとても好ましい。週末全体でヴィリーとエンストンの間での有益なチームワークが見られた。われわれが持ち込んだパワーユニットとシャシーのアップグレードが実にうまく機能している。金曜日と土曜日には難しい状況もあったが、チームは素晴らしい仕事でそこから立て直し、総力をもって予選前の1時間でターボを載せ替えるという作業ではチームワークを大いに発揮した。今後はトップ3チームとのパフォーマンス差を減らすために何ができるかを見据え、今回の結果から積み上げていきたい」

© ESPN Sports Media Ltd.