News

  • カナダGP

チェッカーのミスでカナダGPは2周早く終了

Me
2018年6月11日 « ストロール、「ファンをがっかりさせてしまった」 | ハートレー、検査は問題なしとの診断 »
© Mark Thompson/Getty Images
拡大

スーパーモデルのウィニー・ハーロウが早まってチェッカーフラッグを振ってしまったため、カナダGPは公式的に規定より2周早く終了したと記録される。

チェッカーが振られたのは本来ならばレースの最後から2周目のラップにあたり、最終リザルトはその1周前のものが公式となる。このエラーがレースリザルトに影響することはなく、セバスチャン・ベッテルは本来のファイナルラップでもスピードを緩めずに走行を続けた。ただし、彼は無線でフェラーリに向けて、早まって提示されたと警告している。

今季3勝目を飾った彼は、エラーによってサーキットにいるファンに危険が及ばないか心配だったのだと説明した。

「幸いなことに僕は車内にラップカウントが付いていて、ピットボードも正確だったから大丈夫だった」と彼は述べた。「でも、もし無線を失ってピットボードもなかったとしたら、減速してしまう可能性がある。すると、リードしている立場からすれば、他のみんなにも減速してほしいと願うものさ」

「僕らにするべき質問じゃないだろう。僕はただ心配だったんだ。だから最終ラップで人々がコース上に飛び出してこないように伝えたんだよ。まだフルペースで進行中の時にコース上で旗を振ったり祝ったりしないようにね。何が起きたのかは分からない」

ハーロウはメルセデスのゲストとしてレースに招かれていた。彼女はレースから1時間ほどして、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグを含むいくつかのツイートにリプライし、エラーが自分の責任ではなかったと示唆している。

「おっっっっかしい~、あたしは指示に従っただけよ」

「笑っちゃうわ。あたしのせいじゃないのに」

「"あたしじゃないったら"(声が枯れそう)あそこで振りなさいって指示されたの。でも、誰もけがしなくて良かったわ!」

F1のチェッカーフラッグを任されたセレブがポカをしてしまったのは初めてではない。2002年にサッカーの神様ペレが母国ブラジルGPでタイミングを失し、チェッカーを振り損ねてしまったことがある。また、2014年の中国GPでもミスにより、ルイス・ハミルトンが1周早くチェッカーを受けた。

今回のエラーは少しばかり歴史書に記録される情報を書き換えることになった。レース最終ラップの70周目にダニエル・リカルドがファステストラップをマークしたが、その称号は彼ではなく、レッドブルのチームメイト、マックス・フェルスタッペンのものになってしまった。レッドブルもまたこれによって頭を悩ませることになるかもしれない。彼らはレースのファステストラップを獲得したドライバーに特別ボーナスを与えていることで知られているためだ。

© ESPN Sports Media Ltd.