News

  • フェリペ・マッサ

マッサがベンチュリと共にフォーミュラE参戦

M.S.
2018年5月16日 « ベッテル、ペース不足の原因はタイヤにあらず | 計3台のリタイアを招いたグロージャン »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

元F1ドライバーのフェリペ・マッサがベンチュリ・フォーミュラEチームから5年目を迎えるフォーミュラEに参戦することになった。

2016年に一度引退を表明したマッサだが、バルテリ・ボッタスがウィリアムズからメルセデスに移籍したのを受け、2017年はウィリアムズに戻って現役を続行している。2017年の終わりにマッサはF1で1,167ポイント、表彰台41回、11勝をマークしてレーシングブーツを脱いだものの、今度はフォーミュラEでレースをすることになった。

ベンチュリは初開催の2014年/2015年シーズンからフォーミュラEに参戦しており、これまでに3度の表彰台を記録している。

マッサはフォーミュラEが『Twitter(ツイッター)』で公開した短いリリースにて「ベンチュリ・フォーミュラEチームとABB FIAフォーミュラE選手権に加わることができてすごくうれしい。この選手権は短い期間でこんなに立派な競技になった」と述べた。

現在は4シーズン目であるフォーミュラEはシリーズ創設の2014年からワンメイクの同じシャシーを使用してきた。2018年/2019年シーズンには初めてマシンの外観が変わると同時に、バッテリー技術の進歩によりマシン交換なしでレース距離を走りきれるようになる。

© ESPN Sports Media Ltd.