News

  • ニキ・ラウダ

ラウダ、フェルスタッペンはやり方を変えるべき

Jim
2018年4月16日 « 上海の一戦は「人生の勉強」とフェルスタッペン | 上海でタイトル争い可能な力を証明できたとリカルド »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

3度の世界王者に輝いたニキ・ラウダはマックス・フェルスタッペンがF1タイトルを勝ち取りたければドライビングスタイルを変えなければならないと主張した。

中国GPではセーフティカーが導入されたタイミングで新しいタイヤに履き替えたレッドブル勢が終盤の猛チャージでポジションを上げていたが、フェルスタッペンはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)に接触し、相手を巻き込んでスピンを喫した。後にベッテルに謝罪したフェルスタッペンは上海の一戦が「人生の勉強」だとコメントしつつ、フラストレーションのたまるシーズンスタートになったことで激しくプッシュしすぎたことも認めている。

メルセデスの非常勤会長を務めるラウダはやり方を変えるかどうかの責任はフェルスタッペンにあると述べた。

ベッテルとのインシデントについて『Press Association Sport(スポーツ通信協会)』に「完全にマックスの責任だ。多くのレースを戦えばもっと賢くなるべきだ。特に、チャンピオンシップに勝ちたいとか、チャレンジしようとしているのならなおさらだ。しかし、彼は逆方向に進んでいる。自分で解決すべきだ。誰も手助けできない」とコメントしたラウダ。

史上最年少優勝の記録を持つフェルスタッペンはまだ弱冠20歳にすぎないが、F1ではすでに4年目のシーズンを迎えている。レース後、もはや若さを言い訳に出来ないと強調したベッテルのコメントに同調したラウダは次のように付け加えた。

「彼は若くない。もうF1では昔なじみだから、他のみんなと同じようなものだ。(年齢の言い訳は)不要だろう。彼を傷つけもすることだからね」

今回のインシデントでフェルスタッペンにはスーパーライセンスに付与されるペナルティポイントが2点与えられており、1年間有効なペナルティポイントは合計5点に達した。ペナルティポイントが12点になった時点で1レースの出場停止処分が科される。

© ESPN Sports Media Ltd.