News

© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

F1は2018年シーズン中に初のライブストリーミングサービスを開始すると発表した。

F1のデジタルプラットフォーム改善に取り組むリバティ・メディアの計画の一環として、2018年の早い段階でF1 TVが展開されるという。サポートシリーズのF2やGP3、ポルシェスーパーカップらも配信される見込みだ。全セッションが生配信され、記者会見や他にも多くの特集がパソコン環境で見られるようになる。モバイルデバイスからのアクセスは後日、追加されるとのこと。

配信開始にあたってはアメリカ、ドイツ、フランス、ベルギー、メキシコなど多数の国々で利用可能になるといい、月額8ドルから12ドル(約860円から1290円)、年間利用に関しては市場別に値段が設定される。

デジタルおよびニュービジネスのディレクターを務めるフランク・アルゾファーは「F1 TVの開始により、われわれはデジタル変換の基礎を築く出発点に立つ。F1 TVの登録制サービスは明白かつ確実に最大のコアファン向けであり、F1に新たな視聴者を呼び込もうとする一方で、日頃から熱心なF1ファンに貢献できる製品と経験を提供することにも尽力し続ける必要があると考えている」とコメントした。

「F1 TVに関するわれわれの目的はシンプルだ。そういったファンがグランプリを生観戦できる最適なサービスを提供し、世界最高のスポーツOTTの体験を提供することだ。われわれのチームならびにパートナーたちはその展望をもたらすことに必死になって集中している。単に開始するだけでなく、長期に渡って提供できるようにしたい。ライブストリーミング動画はほぼ毎日変わるエキサイティングなスペースだ」

© ESPN Sports Media Ltd.