News

  • レッドブル

リカルドが新車RB14をドライブ

Jim
2018年2月20日 « ストロールの躍進に期待を寄せるウィリアムズ | ザウバー、新車C37を初公開 »
© James Bearne/Getty Images
拡大

シルバーストーンでダニエル・リカルドがレッドブルの新車RB14に乗り込み、初走行に臨んだ。

レッドブルが2018年型マシンを公開した19日(月)、悪天候にもかかわらず、シルバーストーン・サーキットで新たな愛車を試したリカルド。これまでに新車を発表したハースF1とウィリアムズはいずれも画像を公開するにとどまっており、サーキットで走らせたのはレッドブルが最初だ。

19日に披露されたレッドブルマシンのカラーリングはスペシャルエディションとのことで来週に行われるプレシーズンテストにはレース仕様のカラーリングがお披露目されることになっている。

レッドブルは『Twitter(ツイッター)』の公式アカウントにリカルドがステアリングを握ったRB14の動画を投稿。青いラインの描かれた雨天用タイヤを履いたRB14がガレージを出発する場面が収められている。

レッドブルの新車は複数の革新的なデザインが採用されており、改良されたサイド、アグレッシブな見た目のフロントサスペンションなどが特徴的だ。撮影日としてシルバーストーンに乗り込んだレッドブルはファンに、ハロー搭載車の初走行シーンを披露したことにもなる。

シーズン中に2回認められているF1の撮影日は1日あたり100kmの走行に制限されている。フェラーリは週末の日曜日にカタロニア・サーキットで撮影日に臨むと見られ、その翌日には今冬の初回テストが始まる予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.