News

  • トロ・ロッソ

トロ・ロッソがホンダエンジンに点火

M.S.
2018年2月15日 « ハースがハロー搭載マシンの初姿を公開 | Hondaに足りないのはルノーの経験だとマクラーレン »
© Gasperotti/Sutton
拡大

2018年シーズンの開幕を前に、トロ・ロッソがホンダエンジンに初めて火を入れた。

今年はマクラーレンに代わってトロ・ロッソがHondaのエンジンパートナーとなっている。14日(水)、レースドライバーであるブレンドン・ハートリーとピエール・ガスリーのシート合わせの様子と合わせて、初めてのエンジン稼働の模様が収められた短い動画が公開された。

「なんて素敵なバレンタインデー。STR13とHonda RA618Hがついに邂逅(かいこう)」

マクラーレンと苦難に満ちた3年間を過ごしたHondaは、トロ・ロッソとの新プロジェクトで巻き返しを狙っている。マクラーレンとのパートナーシップは少なくとも10年は続くと見られていたものの、昨年末をもって両者の関係は解消された。

マクラーレン・ホンダの2017年序盤を追ったドキュメンタリー"Grand Prix Driver(グランプリ・ドライバー)"が今月に入って『Amazon(アマゾン)』からリリースされた。これによれば、12カ月前にマクラーレンが初めてエンジン点火した際、テクニカルな問題が多発したためにマニュアルで始動させざるを得なかったという。また、このドキュメンタリーでは3年連続でエンジンの競争力や信頼性が不足することでフェルナンド・アロンソがF1を去ってしまう可能性をマクラーレンの首脳陣が懸念している様子が捉えられていた。

トロ・ロッソはHondaが過去に抱えた問題について気軽にコメントしている。

「うちのエンジン点火には皆さまが興味津々(しんしん)。このFAQが少しは役立つかな」

Q: 点火するのに6回かかったりした?
A: いいえ、エンジンは最初の1回で点火しましたよ!

Q: ビデオに映っているのは去年のHondaだけど?
A: よく見てらっしゃいますね。まさにそのラベルがついたものでした。当然、今年のエンジンは見せられないんです。

Q: エンジンはブローアップした?
A: まったくそんなことは。予定通りにスタートしました。

Q: エンジンがスタートした後、ファクトリーに火がついた?
A: われわれのファクトリーにはまったく問題ありません。ご心配どうも!

Q: "幸運を! きっと運が必要になるよ"
A: 質問ではないですね。でもありがとう! 

トロ・ロッソは同様の問題を避け、トラブルフリーのプレシーズンを送ることを望んでいる。昨年、多くの問題に悩まされたトロ・ロッソは当時のサプライヤーであるルノーと公の場で手厳しいコメントを送り合っていた。

今のところ、2018年の新車発表はトロ・ロッソがしんがりとなっている。プレシーズンテストが初日を迎える2月26日(月)の朝、ピットレーンでトロ・ロッソの新車が公開される予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.