News

  • F1

グリッドガールに代わってグリッドキッズ採用

Jim
2018年2月6日 « メルセデス、新車W09のエンジン点火シーンを公開 | ルノーとBPが契約を延長 »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

先週、グリッドガールの廃止を決定したF1は"レース前のセレモニーを、よりファンに関連した興味を引きつけるもの"にしようとする取り組みに準じて、カートやジュニアカテゴリで戦う若いドライバーたちがF1のスタードライバーたちと共にレーススタート前のグリッドに並ぶことになると明かした。

FIAとF1のジョイントベンチャーの一環として、レース前に地元の自動車連盟が実績に基づいた選出、あるいは抽選によりこの"グリッドキッズ"を決定するという。

FIA会長のジャン・トッドは「F1はモータースポーツ最高峰であり、カートからF1までを含むFIAのシングルシーターピラミッドの頂点とあって、ジュニアシリーズを戦うどの若手レーサーにとっても夢の舞台だ。従って、未来のチャンピオンになるかもしれない彼らに少しだけ早くその夢をかなえる機会を与え、レーススタートに先だって彼らのヒーローであるドライバーたちと共にグリッドに並ぶチャンスを与えられることをうれしく思う」とコメント。

「FIAにとっても、各国のシリーズに参戦する子供たちに対して与えられる特別な報酬を通して、モータースポーツを世界に広げるべく努力を重ねるASN(モータースポーツ統轄機関)のメンバーに、さらなる支援を提供できる素晴らしいイニシアチブだ」

F1商業事業部マネージングディレクターを務めるショーン・ブラッチズは「子供たちにとっては特別な瞬間になるはずだ。想像してみてほしい。自分のヒーローの側に立ち、彼らがレースの準備を進める様子を間近に見守る。スタート直前の数分間とはいえ、モータースポーツのエリート中のエリートである彼らと共にいられることは最高の瞬間になるだろう」と付け加えた。

「彼らやその家族にとって忘れがたい経験になる。いつの日か、自分もその仲間に入るという夢をかなえるためにもドライブし続け、トレーニングに励み、学習を継続する励みになるだろう。次世代のF1ヒーローを奨励するより優れた方法だ」

"グリッドキッズ"はレース前セレモニーのサポートイベントにも参加するといい、家族にも決勝日のF1パドックアクセスが与えられるとのことだ。

2018年F1シーズンの初戦は3月25日(日)に行われるオーストラリアGP決勝だ。

© ESPN Sports Media Ltd.