News

  • フォーミュラE

フォーミュラEがハロー搭載の次世代マシン画像を公開

Jim
2018年1月30日 « メルボルンのボス、ロン・ウォーカーが永眠 | F1が「グリッドガール」の廃止を宣言 »

フォーミュラEが2018年-2019年シーズンから走らせる第2世代マシンの画像を初公開した。

完全電気自動車シリーズのフォーミュラEは今回で4シーズン目を迎え、初開催された2014年以降、シングルシャシーを採用し続けている。新車はバッテリー技術が前進しており、途中で充電済みマシンと交換する必要なくレースをフル走行できる。

また、FIA認可のシリーズに参戦するすべての新車に搭載される頭部保護装置のハローを採用したデザインも今回が初お目見えだ。リアウイングが分かれた形状になっており、かつてF1で拒絶反応が示されたセントラルダウンウォッシュウイングに似ている。

FIA会長のジャン・トッドは「フォーミュラEにとってとても興奮を覚える瞬間だ。本日、次世代のマシンデザインを初公開した。未来的で先進された姿に皆が興奮を覚えてくれるに違いない。FIAがマシン開発の最前線に立ったことを誇りに思う。連盟にとっては新たなことだったが、今回のプロジェクトは大きな成功を収めている。3月6日にジュネーブで初披露される実写の公開が待ちきれない」とコメントした。

フォーミュラEの創設者でありCEOを務めるアレハンドロ・アガグは「このマシンはレースの将来を表している。われわれがフォーミュラEを始めた頃、目標は型を壊し、現状に疑問を呈すること、つまりモータースポーツに革命をもたらすことだった。今回の次世代マシンはその革命を意味している。マシンはより速くなり、エネルギー貯蔵(バッテリー)の容量はほぼ倍、レンジは倍に増えており、バッテリー技術の継続的な進化を示している。FIAと共に、このマシンを導入する上で大きなマイルストーンを達成した。コース上でその姿を見る日が待ちきれない」と述べている。

© ESPN Sports Media Ltd.