News

  • ルイス・ハミルトン

ハミルトンがインスタへの投稿を再開

Me
2018年1月17日 « ハミルトンと友人関係復活を願うロズベルグ | ウィットマーシュが臨時アドバイザーとしてF1復帰 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

『Twitter(ツイッター)』と『Instagram(インスタグラム)』から過去の投稿を削除してしまったルイス・ハミルトンが再びソーシャルメディアでの活動を開始した。

昨年末、ドレスを着たおいの動画を公開し、その中の発言について批判のコメントが殺到したハミルトンは、その後、自身のソーシャルメディアアカウントから過去の投稿をまとめて削除していた。「男の子はプリンセスのドレスなんて着ないんだよ」と発言したインスタグラムの動画について彼はいったん謝罪文を掲載したが、その後インスタグラム、続いてツイッターからごっそりと中身が消えてしまった。

メルセデスドライバーは16日(火)にようやく沈黙を破り、スポンサーであるスイスの高級時計メーカー『IWC Schaffhausen(IWCシャフハウゼン)』の動画を上げている。しかし、ジュネーブで開かれた同社のイベントには顔を見せなかった。メルセデスのスポークスパーソンが『Press Association Sport(スポーツ通信協会)』に語ったところによると、ハミルトンは15日(月)に、体調が悪く、イベント会場まで行くことができないとチームに連絡を入れたという。

「ジュネーブで開催される僕のIWCファミリーのイベントが素晴らしいものになりますように」とハミルトンはコメントした。「150周年を記念したジュビリーコレクションは最高だよ」

その後しばらくして彼はスノーボード旅行の際の画像に次のようにコメントを添えて2本目を投稿した。「2018年。あらゆるゴール、あらゆるチャレンジ、あらゆる夢を再訪するチャンスだ」

「衝動に駆られ、ハードワークを重ね、ポジティブに、何でも自分のなりたいものになる、また一からのチャンスだ。僕は決して止まらない。僕にゴールラインはない。今年、僕と一緒に見果てぬ夢のその先まで行こう」

今月33歳の誕生日を迎えたハミルトンとメルセデスの契約は今季末で終了することになっているが、契約延長の話は進められている。

先月、『ESPN』のインタビューに応じたクリスチャン・トト・ウォルフは彼との交渉が"すでに始まっており順調だ"と打ち明けた。さらに、ウォルフはこう付け加えている。「煙突から白い煙が上がるのを待とう」

© ESPN Sports Media Ltd.