News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズリザーブ就任のクビサ、復帰の目標は変わらず

Jim
2018年1月16日 « シロトキンがウィリアムズのレースドライバーに | ハミルトンと友人関係復活を願うロズベルグ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

2018年、ウィリアムズのリザーブドライバーとして起用されたものの、ロバート・クビサはまだF1のレースシートを目標にしているようだ。

2018年に残る最後の空席となっていたウィリアムズのレースシートをめぐってセルゲイ・シロトキンと争っていたクビサのF1復帰はほぼ確実と見られていたが、シーズン終了後に実施されたアブダビテストのデータを分析したウィリアムズは今季、22歳のシロトキンをレースドライバーに指名し、クビサには2018年のリザーブ兼開発ドライバー職をオファーした。

ウィリアムズで新たな役割を得たクビサはプレシーズンとインシーズンのテストに参加するほか、金曜フリー走行でもドライブすることになっている。役割こそクビサの望んだものではなかったが、クビサはこれがグランプリのグリッド復帰という最終目標に向けた次のステップをもたらしてくれるはずだと自信を見せる。

「今シーズンの正式なリザーブ兼開発ドライバーとしてウィリアムズに加われることが本当にうれしい。体の状態はこれまでで一番いいと感じているけれど、今の状態に至るまでは本当にたくさんのことに取り組まないといけなかったから、これまでにウィリアムズが与えてくれたチャンスに、それから今回の起用で僕に向けてくれた信頼に感謝したい」

「この数カ月、F1のパドックに戻ってこられてうれしかったし、今はファクトリーでもサーキットでも、ウィリアムズのテクニカルチームと一緒に働くのを楽しみにしている。FW41の開発を進められるように全力でヘルプして、チームのシーズンを良くできるようにがんばりたい」

「(ウィリアムズの2014年型マシン)FW36と(2017年型マシン)FW40の両方をドライブできたことで、FW41がコース上でどんな力を発揮するのか見るのが楽しみになったし、マシンパフォーマンスを最大化できるようにチームと一緒に取り組んでいくのが楽しみだ。今でも最終的な目標はF1でもう一度レースをすることだし、そこに向けて、今回はまた重要なステップになる。スタートするのが待ちきれないよ」

ストロールとシロトキンのコンビで新シーズンに挑むウィリアムズはグリッドで最も経験の少ないドライバーラインアップを採用したことになるが、最高技術責任者(CTO)のパディ・ロウは専門分野に関してはクビサがあらゆる部分を支えてくれるだろうと述べた。

「何よりもまず、ここまでにロバートが成し遂げてきた偉業を称えたい。ケガを乗り越え、フィットネスを取り戻し、再びF1マシンをドライブするのは並外れた偉業であり、できると考えたものはほとんどいなかっただろう」

「われわれはロバートがコース上でのテストやシミュレーター作業の経験を生かして技術面でチームに強力な貢献を果たしつつ、すべてのレースでレースドライバーとエンジニアを支えてくれると期待している。彼は私が長年に渡って高く評価してきたドライバーであり、個人的にも2018年シーズンに彼と共に働けることをとてもうれしく思っている」

クビサのF1復帰に向けた流れは昨年6月に急加速した。ルノーと共に2012年型マシンを使ったプライベートテストに参加したクビサは2011年のラリー事故で負傷した右腕の動作に制限があるにもかかわらず、好パフォーマンスを見せ、ハンガリーGP後に実施されたインシーズンテストでは2017年型ルノーマシンのステアリングも握った。

しかしながら、ルノーは2018年シーズンに先だって、レッドブルの支援を受けるカルロス・サインツをレンタル移籍の形で起用することになり、クビサは夢に見るグリッド復帰を目指してウィリアムズのシート確保に切り替え、2014年型マシンのテスト走行に臨んだ後にはアブダビのシーズン末テストで2017年型マシンにも乗り込んでいる。

今回、レースドライバーに指名されたシロトキンもアブダビでウィリアムズマシンを駆っており、テストを終えて両ドライバーのパフォーマンスを分析したウィリアムズはシロトキンをレースシートに座らせ、クビサにはリザーブドライバー職をオファーすることに決めた。

© ESPN Sports Media Ltd.