News

  • ウィリアムズ

シロトキンがウィリアムズのレースドライバーに

M.S.
2018年1月16日 « ソーシャルメディア界でF1は今も「名もなき」存在 | ウィリアムズリザーブ就任のクビサ、復帰の目標は変わらず »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

ウィリアムズは2018年にセルゲイ・シロトキンがランス・ストロールのチームメイトとして同チームでレースすることを明らかにした。これで今年のグリッドは全て埋まったことになる。

シロトキン起用の一報により、ここ数カ月にわたる推測に終止符が打たれた。シートを得るのではないかとうわさされていたロバート・クビサは、リザーブ兼開発ドライバーとしてウィリアムズに加わることが明らかになっている。シロトキンとクビサはウィリアムズと共にシーズン末のテストに参加しており、副チーム代表のクレア・ウィリアムズは両ドライバーが残したデータを元にシロトキンをレースドライバーに選んだと説明した。

「広範囲におよぶ評価のプロセスを経て、私たちの2018年のラインアップが最終決定したことに興奮していますし、これから何がおこるかワクワクしています」とクレアは述べている。

「あらゆる実現可能な選択肢を評価するために時間を費やしました。ランスとセルゲイがチームにベストの結果をもたらしてくれると確信しています」

「若き才能を引き入れて育てるのが常にウィリアムズの理念でしたし、セルゲイはまさにその倫理に沿っています。ランスは記録破りなデビューシーズンを過ごし、1年間の経験を積んだ今、全力で2018年に取り組む準備ができています」

チーフテクニカルオフィサーのパディ・ロウは次のようにつけ加えた。

「綿密で徹底的なドライバー評価プロセスを行ってきた。最終的に、セルゲイがファクトリーとアブダビのトラックサイドの双方で、そのペースと才能、テクニカルなフィードバックや仕事に対する姿勢でチームに印象づけている」

シロトキンはロシアのSMPレーシングによるプログラムの支援を受け、2015年と2016年はGP2に参戦するとともに、過去2年にわたってルノーのテストドライバーを務めていた。シロトキンの加入によってチームには1,500万ユーロ(約20億3,000万円)ほどの資金が持ち込まれる見込みで、複数年の契約が結ばれた模様だ。

シロトキンとストロールというラインアップはグリッドでも最も経験の少ないコンビとなる。チームと複数年契約を結んでいる19歳のストロールはまだ1年のルーキーシーズンを過ごしただけだが、新チームメイトと共に働くのを楽しみにしているという。

「まずはウィリアムズに来るセルゲイを歓迎したいし、彼がチームメイトになるのを楽しみにしている」とストロールはコメントした。

「僕はセルゲイのことを知っているし、僕らは仕事上ですぐに良い関係を作れるはずさ。僕はこのチームでのルーキーシーズンを心から満喫したし、たくさんの思い出に残る瞬間があった。新シーズンにはそこから積み上げていこうと思っている。バルセロナが、そして、新車のFW41を初めてドライブするのが楽しみだよ」

シロトキンは「ウィリアムズのように有名なチームに加わることができて、ハッピーとか誇りに思うという言葉じゃ足りないくらいだ。この場所に来るまでにものすごくたくさんの仕事をしてきた。すごくうれしいし、かかわってきた全ての人に感謝している。僕らが力を合わせたおかげで、自分の夢を実現し、僕がベストの結果を届けられるとチームに信頼してもらえたんだ」と発言している。

© ESPN Sports Media Ltd.