News

© Kym Illman/Sutton Images
拡大

F1の代表者たちはスタート前のグリッドの並び方を将来的に変えることを考えているとパット・シモンズが語っている。

ウィリアムズの元最高技術責任者は現在、F1スポーツ部門のマネジングディレクターを務めるロス・ブラウン配下の専門家グループに属しており、スポーツの今後の方向性を決める手伝いをしている。そのシモンズによると、F1は可能性のあるレギュレーション変更について、eスポーツを利用してそのテストと評価を行うことを考えているという。

「こうしたレギュレーションの一部をテストするのに仮想環境を使いたいと考えている」とシモンズはMIAエンターテインメント・アンド・エネルギー・エフィシエント・モータースポーツ・カンファレンスで語った。「それから、統計を調べるんだ。そうすることで、簡単にはシミュレートできないことでもやってみるチャンスが生まれることになる」

「今年、われわれが考えてきたことの例を1つ挙げようか。もう何年にもわたってF1のスターティンググリッドはジグザグ上のフォーメーションを保ってきた。問題の1つが、最速マシンをグリッドに置くことだというのは分かっているんだ。それだけでなく各車を離して並べている」

「昔はそうではなかった。かつては2台が横に並んでスタートしていた時もあったし――たぶんモンツァのものだと思うが、ロンドンの会議室に写真が飾られている――フロントローに4台のマシンがいたこともあった」

「再びそれを取り入れたとしたらどうなるだろう? それは簡単にシミュレートできることではない。eスポーツのグループのところへ行き、"君たち、グリッドを変えてみよう。それで20戦やってみるんだ"と言うことならできる。何も300kmのレースでなくて良い。興味があるのは最初の3周だけだ。それで何が起こるか見てみるんだ」

「1周目が今よりずっとエキサイティングになるのか、それとも1コーナーで大クラッシュが起きるのか。やってみて統計学的に見ることによって、われわれはこれらを理解し始めることができる。それはエビデンスに基づく意思決定を可能にしてくれる。私が常々説いている信念だよ」

シモンズは、2016年に突然の予選フォーマット変更によって生じたある騒動に言及した。ファンからもドライバーからも批判を浴び、結局その新フォーマットはたった2戦で廃止されている。短絡的な決断を下すのではなく、変更案をシミュレートすることの重要性を示す好例だと彼は指摘した。

「数年前、今はもうF1に関わっていない誰かさんが予選の手順を変えるのはいいアイデアだとひらめき、思いつきでそれを実行してしまった。シミュレーションも何もなされなかった」

「2桁に上る知能の高い人々が検証し、これは大失敗になると考え、その通りの大失敗になったが、それでも強行されて見事な大失敗に終わった。どうしてそんなことになってしまったのやら・・・。われわれは二度とそんなことを起こしてはならないんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.