News

  • キミ・ライコネン

必要なのは「小さな変化だけ」とライコネン

Me
2017年12月17日 « ハミルトンの落ち着きと理性は「すごい」とアリソン | マッサ、カートレースの乱闘騒動を謝罪 »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

2018年に勝利街道に立ち戻るためにはいくつか"小さなこと"を変えるだけでいいとキミ・ライコネンは述べている。

今年、モナコで実に9年ぶりのポールポジションを獲得したライコネンだったが、これが数少ないハイライトの1つとなり、それ以外はフラストレーションのたまるシーズンを過ごした。表彰台は5回獲得したものの、勝利は一度もなく――チームメイトのセバスチャン・ベッテルは5勝している――1年の大半でベッテルのタイトル挑戦をサポートするしかなかった。

2018年に流れを変えるためには何をする必要があるのかと聞かれ、ライコネンは述べた。「それは多くのことが関わる質問だと思う。そんな簡単なことだったら、誰だって勝てるよ。でも、いろんなことがあるんだ。小さなことだね」

「さまざまなレースでかなり多くのクルマと接戦だったし、レース週末で大事なのは小さなことだ。僕らはもっと恒常的に速くならないといけないし、いいポジションにつけて、それから物事が僕ら向きに流れてくれることを願う必要がある」

第4戦でようやく2017年の初表彰台を獲得したライコネンは、来季は開幕からいいスタートを切ることが不可欠だと考えている。

「もちろん僕はレースやチャンピオンシップで勝とうと思ってここにいる。だから、理想にはほど遠いよ。でも、そういう展開になってしまったんなら仕方ない。我慢はするよ、でも、僕はそのためにここにいるんじゃない」

「僕らは1年のスタートがかなりひどかった。本来の自分たちの位置にいなかったんだ。その後、少し良くなったけど、今度はDNF(リタイア)が多くなり過ぎて、結局、本格的に立て直すことはできなかった。1年の最高のスタートじゃなかったのは確かだけど、そうなってしまったんだ」

© ESPN Sports Media Ltd.