News

© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

F1で女性のプロモーションモデルを使うことについて、スポーツの責任者たちが"厳しい目で見直す"ことになった。

"グリッドガール"は長年にわたってF1の幅広いショーの一部となっており、彼女たちはレース前に各ドライバーのグリッドに立ち、愛嬌(あいきょう)を振りまいている。『BBC』によると、F1の経営陣はこの慣行を続けるべきかどうかを慎重に検討しているとのことだ。

「われわれは全関係者に配慮しようとしている」とロス・ブラウンは14日(木)夕方に放送された『Radio Five Live(ラジオ5ライブ)』で語った。「グリッドガールという伝統に敬意を払う人々も大勢いるし、少々時代遅れだと感じる人々もいる。その点を調整しているところだ」

この問題は過去にも議論となったことがあり、趣向を変えたアプローチが試されたこともあった。2015年のモナコGPには男性モデルも登場したが、1回限りのことで終わった。その際、4度のワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルは残念な思いを冗談交じりにこぼしている。「何だったの、あれ? ジョージだかデイブだかの後ろにクルマを止めるなんて・・・どういうことなのさ?」

スポーツカーレースの最高峰である世界耐久選手権(WEC)は2015年にこの制度を撤廃している。F1の新オーナーとなった『Liberty Media(リバティ・メディア)』は権力を手に入れた1年目から多くの変更を実施してきているが、チェイス・ケアリーCEOはこの問題についてまだ時間をかけて検討できていないと述べた。

「私がこれまで取り組んできた物事のリストの中で、グリッドガールについては、失礼ながらそれほど上位には来ていなかった」とケアリーは述べた。「それは過去の産物なのか、それとも将来に残すべき目立った何かなのか、どちらだろう?」

「私個人が決めることではないと思う。私自身の見解はあるかもしれないが、このスポーツはチームたち、大きなエコシステム、そして非常に情熱的なファンベースを相手にしている。コンセンサスは決して得られないだろうが、いくつかの見解は出てくるだろう」

インタビューの中でケアリーは、近いうちにF1のグリッドに女性ドライバーが現れることを望むと述べた。女性がF1で決勝レースに出場したのは1976年オーストリアGPのレラ・ロンバルディが最後であり、それから40年以上が経過した。

© ESPN Sports Media Ltd.