News

  • Honda

HondaがF1新体制を発表、田辺豊治氏がテクニカルディレクターに

M.S.
2017年12月7日 « ルノー、今年の開発は「アグレッシブ過ぎた」 | インテルラゴスにセキュリティー改善勧告 »
© Sutton Images
拡大

トロ・ロッソとパートナーシップを結んで新たな挑戦に臨むHondaが2018年の新体制を発表した。

2015年にマクラーレンと提携してF1の世界に戻ってきたHondaだが、3年にわたる協力関係は2017年をもって解消され、2018年からはトロ・ロッソと共に新たな戦いに挑むことが決まっている。

新シーズンを前にHondaが発表したリリースによれば、技術開発と現場監督の役割を分離することを目的にこれまで置かれてきたF1プロジェクト総責任者のポジションが廃止され、現場の指揮を行うテクニカルディレクターの役職が新設されている。初代ホンダR&DヨーロッパU.K. F1テクニカルディレクターに指名されたのは、現ホンダ・パフォーマンス・ディベロップメント(HPD)シニアマネジャーで、過去にゲルハルト・ベルガーのエンジニアやジェンソン・バトンのチーフエンジニアなどを担当してきた田辺豊治氏だ。

2シーズンにわたってF1プロジェクト総責任者を務めてきた長谷川祐介氏は2018年1月から本田技術研究所 主席研究員となる。

新体制に移行後はHRD Sakura担当の執行役員が研究開発をリードしていくという。本田技研工業株式会社 執行役員 ブランドコミュニケーション本部長の森山克英氏は次のようにコメントした。

「これまで、F1プロジェクト総責任者が担っていた技術開発とレース現場指揮監督の責任範囲を分離し、開発とレース・テスト現場それぞれが、よりスピーディーに業務を遂行できる体制へと進化させます。開発現場とレース現場が各々の役割をしっかり果たすことで、トロ・ロッソ・ホンダが上位争いする姿を一日でも早くお見せできるよう挑戦を続けてまいります。引き続き皆さまの応援をよろしくお願いします」

(本田技研工業株式会社 プレスリリースより)

© ESPN Sports Media Ltd.