News

  • フォース・インディア

ルールの不備を指摘するフォース・インディア

Jim
2017年11月27日 « 3位と4位も「理想から遠い」とフェラーリ | ライコネンに「容赦ない」評価を下すリカルド »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

フォース・インディアはアブダビGP決勝レースのオープニングラップでコース外からセルジオ・ペレスを追い抜いた後、ペナルティを科せられながらもそれを実質的に無効化したルノーのニコ・ヒュルケンベルグの"意図的な策略"を非難した。

レースが始まった直後、7番手を争う中でペレスをオーバーテイクしようとしたヒュルケンベルグはターン11でランオフエリアに突っ込み、そのままコースをショートカットしてコースに復帰。不公平なアドバンテージを得たと訴えるペレスの不満をよそに、ヒュルケンベルグはペレスに押し出されたのだと主張してポジションを戻さなかった。後に公開されたリプレー映像を見る限り、2台の位置取りを考えれば大胆な主張と言える。

ポジションを譲らなかったヒュルケンベルグは5秒のタイムペナルティを科せられたが、コース上で順位を入れ替えなかった結果、ペレスの前をキープしたヒュルケンベルグはクリーンエアを得てタイムを稼ぎ、ピットストップでペナルティを消化してなお、フォース・インディアマシンの前でコース復帰を果たしている。これでルノーはトロ・ロッソとのタイト――かつ財政的に重要――なチャンピオンシップ争いに競り勝ち、ランキング6位の座を手に入れた。

しかしながら、ルノーの動きが事前に熟考されたものだとして譲らないのがフォース・インディアだ。

ヒュルケンベルグがポジションを明け渡さなかったことに驚いたかと問われたフォース・インディアのテクニカルディレクター、アンディ・グリーンは「いや。彼の意図的な策略だった」とコメント。

「彼は自分がやっていることを正確に知っていた。ストレートで追い抜ける術がないので、オーバーテイクをするにはシケインをカットしなければならないと分かっていたのだ。それに、前に出られれば5秒ペナルティを受けるだけだとも分かっていたのだろう。私にしてみればレギュレーションは完全に不備がある。今やコーナーをカットし、前のドライバーを先行してある程度の距離を走ってからペナルティを受けることがインセンティブになっている。こんなのはおかしい」

ペナルティが十分でないとして、グリーンは現行規約ではドライバーがルール違反を犯すことで利益を得ることにつながっていると主張する。

「ドライバーからポジションを戻してもらえると予想しつつも、彼らがああいう風にごまかし始めると、今度はスチュワードがこの先どうなるかを理解して、そのドライバーを処分する行動に出てくれると期待する。しかし、それをやったドライバーに実際の罰がない。あれをやることで彼は利益を得て、またそうすることがインセンティブになっている。なんとくだらないことか」

ダニエル・リカルド(レッドブル)がリタイアしたこともあり、ヒュルケンベルグが6位フィニッシュしたことでコンストラクターズ選手権6位に浮上したルノー。報奨金にして、推定600万から700万ポンド(およそ8億9,100万円から10億4,000万円)の価値になると考えられている。

フォース・インディアCOO(最高執行責任者)のオトマー・サフナウアーもまた、ヒュルケンベルグに対するペナルティに批判的だ。

「ヒュルケンベルグはポジションを戻すべきだった。(レース終盤に)グロージャンに対してそうしたのと同じように」

「一貫性のなさが、このスポーツを笑いものにしてしまう。コース上のポジションを争うレースなのだ。彼ら(ルノー)の方がウルトラソフトの序盤はわれわれよりも若干速いことは分かっていた。だからこそ、うちとしては前に出てポジションをキープしなければならなかったのだ」

「ヒュルケンベルグはコーナーをカットした。FIAはそれについて何もしていない。それでどうだ? 彼らはコンストラクターズ選手権のポジションをひとつ上げた。つまり、多くの金を得られるし、来年の競争力も増す。(スチュワードが)何を考えていたのか知らないが、こんなことばかりやられては理解に苦しむ。一貫性のなさは良くない」

当然ながら、ヒュルケンベルグは異なる意見を持っている。ランオフエリアを横切る中で2台のスピード差が自らの主張を裏付けると言うヒュルケンベルグは次のようにコメントした。

「違うマシンだし、別の見方があるものでしょ。僕がいた場所からは、彼がロックアップしてワイドにふくらんでいるのが見えた。僕はマシンを止めてコーナーに備えようとしていたけど、彼がワイドに膨らんだから、僕には行き場がなかったんだ」

「僕があれ以上ストップして彼の後ろに入れたと言うのは簡単じゃない。僕には行き場がなかったし、それで他の人もコース外に出ないといけなくなったはず。それが僕の意見だ。あの環境では5秒ペナルティがフェアだし、妥当だと思う」

© ESPN Sports Media Ltd.