News

  • アブダビGP - ザウバー - 決勝

マグヌッセンとのバトルを楽しんだウェーレイン

Jim
2017年11月27日 « マクラーレン・ホンダ、ファンに感謝を伝えるラストレース | 最後の最後で6位の座を失ったトロ・ロッソ »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

26日(日)、シーズン最終戦アブダビGP決勝レースでザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは14位と17位で完走した。

マーカス・エリクソン

「難しいレースだった。いいスタートだったんだけど、最初のコーナーでワイドに膨らみ、あそこでタイムを失ってしまったんだ。その後、第1スティントは苦戦した。ペースを維持するのが大変で。ピットストップの後はマシンバランスが良くなっていたから、もう一度プッシュできた。レースの後半は前にいたマシンとのギャップを縮められたけど、基本的にこのコースはオーバーテイクが難しい」

パスカル・ウェーレイン

「今日のレースは楽しんだ。スタートはOKだったし、安定したパフォーマンスを維持できたから、中団グループに絡んでいけた。前にいたケビン(マグヌッセン)と長かったけど良いバトルができたと思う。ストレートで彼をうまくかわせなかったのが残念だけどね。でも、シーズンのフィナーレでアクションが多かったのは良かったと思っている」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「まずまずのレースだった。パスカルがうまく前進し、前のケビン(マグヌッセン)と競い合った。オーバーテイクに関しては見事だったが、ストレートでまた奪われた。マーカスのレースはまずまずだったものの、マシンバランスに苦労していたようだ。全体としては過去数レースで成し遂げた改良を確認できたと思う。これからは2018年に集中し、自分たちが取り組んだ進歩を足がかりにしていきたい」

© ESPN Sports Media Ltd.