News

  • アブダビGP - ハースF1 - 決勝

最後まで戦い抜いたハースF1

Kohei Saito / AI / Jim
2017年11月27日 « F1、アブダビの表彰台で新ロゴ披露 | 新ロゴ披露のF1、新時代の幕開け »
© Simon Galloway/Sutton Images
拡大

26日(日)、シーズン最終戦アブダビGP決勝レースでハースF1のロマン・グロージャンは11位でゴールし、ケビン・マグヌッセンは13位で完走した。

ロマン・グロージャン

「すごくハードにプッシュした。精いっぱいベストを尽くしたよ。最高のドライブだったと思うけれど、ポイント獲得には少し足りなかったね。やれるだけのことをした。ストロールとは良いバトルをしたね。彼はとにかくトップスピードが高く、直線でのパワーがすごかった。彼をオーバーテイクするのはかなり難しくて、序盤の防御はとても厳しかったね。ともあれ、彼をパスした後はギャップを開いてプッシュできた。良いレースを過ごしたけれど、来年に向けて僕たちがマシンのどの部分に取り組むべきかというアイデアは持っている。全体的には良い1年だったし、僕たちはまだF1で2年目だからね。多くを学んだし、今後に向けてどこを改善すべきか分かっている」

ケビン・マグヌッセン

「悪くない1年だったね。確かに今日はちょっと残念だった。コンストラクターズチャンピオンシップで7位まであと少しだったのに、逃してしまってがっかりだよ。僕たちには7位に入るだけの強さがちょっと足りなかった。でも、来年はもっと強くなって戻ってくる。僕たちは前進できるはずさ。ベースラインはあるんだから、冬の間に取り組むことができると思う。クルマの弱い部分を把握しているし、その部分を来年に向けて大きく改善したいね。どうなるか見てみよう。僕たちはやれると思っているよ」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「ポジションを上げられなかったものの、それでも昨年のようにランキング8位でフィニッシュした。あともう少しで6位フィニッシュできたとはいえ、"たられば"を言ったところでしょうがない。今日は最後まで戦い抜き、レースアクションを多く提供できた。このスポーツに対しては良い仕事ができたと思う。常にエンターテインメントを提供していたからね。みんなに感謝すると共に来シーズンを楽しみにしている」

© ESPN Sports Media Ltd.