News

  • アブダビGP - ザウバー - 予選

結果に満足できずも「まずまずの予選」とザウバー

Kohei Saito
2017年11月26日 « 4番手に食い込んだリカルド | ベスト・オブ・ザ・レストを目指すルノー »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

25日(土)、シーズン第20戦アブダビGP予選が行われ、ザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは18番手と19番手だった。

土曜フリー走行はウェーレインが16番手、エリクソンが19番手のタイムを残している。

マーカス・エリクソン

「まずまずの予選セッションだった。FP3でのマシンバランスには完全に満足できなかったから、予選に向けていくつか変更を施したんだ。それ以降はマシンがより快適に感じられたから、僕たちが正しい方向へ進んでいると示しているね。予選では、ラップごとにタイムが向上した。Q1最後のラップは良かったけど、結局のところQ2へ進むには十分じゃなかった。明日は巻き返しを楽しみにしているよ」

パスカル・ウェーレイン

「今日の予選は申し分なかった。もちろん、予選結果には満足していないよ。でも、アブダビでは午後に気温低下が起きてしまうせいで、タイヤを正常な作動ウインドーに入れるのがいくらか難しくなるだろうと分かっていた。レースは今日の予選と同じ時間帯に行われるから、僕たちに何ができるか見てみよう。できるだけ上位でレースを完走するために、全力を尽くすつもりさ」

© ESPN Sports Media Ltd.