News

  • アブダビGP - ザウバー - 初日

ザウバー、充実した初日

Kohei Saito
2017年11月25日 « 超混戦に備えるルノー | WWEからハミルトンに特製チャンピオンベルト »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

24日(金)、シーズン最終戦アブダビGP初日を迎えたザウバーのパスカル・ウェーレインとマーカス・エリクソンは2回目のフリー走行で17番手と18番手に並んだ。

フリー走行1回目はウェーレインが16番手につけ、エリクソンは19番手のタイムを残している。

マーカス・エリクソン

「すごく実り多い1日だった。異なる燃料搭載量とタイヤコンパウンドでたくさんの周回を完了できたので、多くの興味深いデータを集められた。FP1は良い内容ではなく、マシンの感触に苦労していたんだ。FP2に向けていくつか変更を施して、マシンの感触はずっと良くなった。この進歩は残りの週末に向けてとても有望なものだし、これを足がかりにしていくよ」

パスカル・ウェーレイン

「今日のプラクティスセッションはまずまずの内容だった。全体的に見れば、多くの周回数を重ねられたことはポジティブだよ。明日や日曜日に近い路面コンディションになるから、2回目のフリープラクティスセッションは予選や決勝との関連性がより高くなった。全体的に見れば、生産的な1日だった。多くのデータを収集したから、残りの週末で向上するためにこれを分析していくつもりさ」

© ESPN Sports Media Ltd.