News

  • ウィリアムズ

クビサ、アブダビでウィリアムズ最新マシンをテストへ

Me
2017年11月22日 « 歴代F1王者と戦わせてもハミルトンは優秀とフィッティパルディ | 世界最速ゲーマーがマクラーレンと契約 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

ウィリアムズは来週アブダビで行われるシーズン後のテストでロバート・クビサとセルゲイ・シロトキンがドライブすることを発表した。

2人はヤス・マリーナ・サーキットの2日間のテストでフルタイムドライバーのランス・ストロールと作業を分担することになる。テストの主な目的は、ピレリの2018年向け新タイヤコンパウンドを評価することだ。

ウィリアムズはこのテストを利用してクビサのF1復帰に対する準備レベルをさらに評価することが可能となる。クビサは引退するフェリペ・マッサの後任に座る最有力候補と目されているが、2011年2月のラリー・ディ・アンドラで腕にけがを負っており、その健康状態やF1で戦う能力についてはまだ疑問が残されている。

クビサが2017年型マシンをドライブするのはこのテストが2回目。8月にはハンガロリンクのシーズン中テストでルノーをドライブした。ウィリアムズではすでに、2014年型マシンを使って1日のテストを2回終えている。

アブダビでは初日にクビサとストロールがドライブし、最終日の大半はシロトキンが担当、午後の終盤に再びクビサと交代する。

ウィリアムズから次のような声明が出された。「テストは、F1タイヤサプライヤーのピレリのために2018年用の候補となるタイヤを評価することが目的だ。2018年のレースドライバーに決まっているランス、巨大な経験を持つロバート、そしてF1の非常に有望な若手であるセルゲイという、これほど興味深いレンジのドライバーを通して新タイヤを評価できる機会が得られたことにウィリアムズは興奮している」

ウィリアムズはまだ2018年のドライバーラインアップを発表しておらず、ストロールと並んで走るもう1台のシートには候補のドライバーが列をなしている。ここ数週間で名前が挙がったのは、クビサ、ポール・ディ・レスタ、ダニール・クビアトとパスカル・ウェーレインだ。

© ESPN Sports Media Ltd.