News

  • フェルナンド・アロンソ

上位勢への妨害でアロンソにペナルティポイント

Jim
2017年10月8日 « レッドブル、鈴鹿でW表彰台 | ベッテルに今年2度目の戒告処分 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

日本GP決勝レースで先頭集団の進行を妨げたとして、マクラーレンのフェルナンド・アロンソに戒告処分が下り、スーパーライセンスに対するペナルティポイント2点が付与された。

レース終盤、10番手をめぐってフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)と争っていたアロンソの後方に、レースのリードを競うルイス・ハミルトン(メルセデス)とマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が迫り、アロンソを追い抜こうとした。51周目の最後に速いドライバーたちに道を譲るよう指示する青旗を振られたアロンソだが、次のラップの中盤、ヘアピンまで追い抜きを許さなかった。

日本GPレーススチュワードは声明の中でこう説明している。

「スチュワードは映像証拠、位置データ、そしてカーナンバー14のドライバーであるフェルナンド・アロンソとチーム代表者からの聴取を検討した。アロンソはダッシュボードに青色のライトが点灯しているのを確認しており、51周目のターン14とターン15の間で青旗を振られている。その前のラップでも、彼はレースリーダーのルイス・ハミルトンが接近していることを伝える青色の点滅灯を確認していた。アロンソは52周目のターン11でハミルトンに先を譲っている」

「ドライバーたちはドライバーズブリーフィングにて国際競技規約の規定について説明を受けており、そこには"最速のタイミングで後続車の追い抜きを許容しなければならない"と定められている。つまり、既存の競争にかかわらず、周回遅れとなるマシンはこれを厳守しなければならない。スチュワードはアロンソがこれを実行しなかったと判断した」

「聴取の場でアロンソはフロントストレートでハミルトンに追い抜かせる機会があったものの、その後はターン11までなかったと説明している。スチュワードは、ターン2からターン9までの間はマシンに道を譲る安全な場所が限られており、その結果、ハミルトンの追い抜きを許容するのに長時間を要したとの説明に納得した」

「ペナルティを科すにあたり、スチュワードは今回のインシデントと他の同様のインシデントを比較し、違反である一方で、他の件よりも深刻度が低く、また、道をゆずる際には十分なスペースを与え、後のフェルスタッペンにも同様の行為を取ったと考えた」

「したがって、スチュワードは戒告(ドライビング)と2ペナルティポイントを科す」

アロンソが戒告処分を受けたのはこれが今季初であり、12カ月有効のペナルティポイントも今回の分だけしかない。3回の戒告処分を受けると10グリッド降格ペナルティを科せられ、ペナルティポイントが12点に達すると1戦の出走停止処分を受けることになる。

© ESPN Sports Media Ltd.