News

  • 日本GP - マクラーレン - 決勝

惜しくも入賞を逃したアロンソ

Me / AI / Jim
2017年10月8日 « ピレリ、気温上昇も大半が1ストップで完走 | エリクソン、不満の残る鈴鹿でのレース »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

8日(日)に鈴鹿サーキットで開催されたシーズン第16戦日本GP決勝レースで、マクラーレンのフェルナンド・アロンソは11位、ストフェル・バンドールンは14位で完走した。

フェルナンド・アロンソ

「僕らは20番手からスタートし、11位でフィニッシュした。ユーズドタイヤでスタートして、たった1回のピットストップを行ってうまくリカバーしたよ。それはチーム全員のとてつもない努力のおかげだ。金曜日の夜にエンジンを交換してペナルティを受けたけど、僕らには1ポイントを手にする資格があったと思う――懸命に戦ったんだけどね。レース終盤のフェリペとの状況は運がなかった。バーチャルセーフティカーが出た時に彼はタイヤにすごく苦しんでいたんだ。だから、その間のラップで一息つくことができたってわけさ。最後の2ラップはレースリーダーたちが追いついてきてしまって、またしてもフェリペは僕のアタックを逃れ、最終的に10位のポイントを持っていってしまった。オースティンでもう一度挑戦するよ。できればペナルティなしで、それから通常のグリッドポジションに着いて、さらに運も味方してもらえれば・・・」

ストフェル・バンドールン

「いいレースもあったけど、今日は忘れたいレースだよ、本当に。まずまずなスタートを決めて、その後ターン2に向かったんだけれど、皆がスペースを探そうとしていて、僕はキミ(ライコネン/フェラーリ)にぶつけられた。わざとじゃないと思う。あれは各車がまずいタイミングに良くない場所にいただけ。その時点から午後は妥協を強いられてしまった。後方に落ちてしまい、チェッカーフラッグまで自分のレースを走った。それでも鈴鹿はすごく特別な場所だから、今日はグランドスタンドにいた何千というファンのためにいい結果を出せなくてとにかく残念だ。タフなアジア3戦の後、チームはちょっと休んでもいいはずだよ。ここ3戦で彼らは素晴らしい仕事をしてくれたから、この後はヨーロッパに戻って、最後の4戦にすぐ戻らなきゃ」

エリック・ブーリエ(レーシングディレクター)

「フェルナンドとストフェルの2人が強力かつ容赦ないドライブを見せてくれたものの、今日は単純にうまくはまらなかった。予選で難題に直面した後、今日のフェルナンドは強烈な責任感を持って走ってくれた上、フェリペ(マッサ)に対するスリリングな追い上げもあったが、不運にもノーポイントに終わってしまった。ストフェルのレースはキミ(ライコネン)にぶつけられてポジションを落としたターン2で妥協を強いられた。ただ、レースでは時に起こることであり、残りのレースでは彼も同じようにハードにプッシュしている。また、今回のアジアラウンド3戦は全体を通してみればチームにとってポジティブなものになったと思う。いくらか重要なポイントも取れたし、この3戦に挑む前に比べればチームとして強くなった実感がある。この勢いを、必ずや残る4レースにも良い形でつなげていきたい。最後に、2つの団体に敬意を表しておきたいと思う。まず、5週間に渡る海外での活動期間を通して疲れ知らずのスピリットとハードワークを見せてくれたチームの皆を称える。すさまじい努力があった。彼らの純然たる努力と献身には心から感謝している。次に、これまで通り、素晴らしい鈴鹿のファンに心からの敬意を表したい。その熱狂ぶりには心底揺さぶられるものがある。今日は強力な結果でその思いに報いることができなかったが、彼らの声援、マクラーレン・ホンダへの情熱、そしてF1全体に注いでくれる情熱に感謝申し上げる。新たに得た勢いと自信を胸に、最後の4レースもハードにプッシュするつもりだ」

長谷川祐介(株式会社本田技術研究所 主席研究員 F1プロジェクト総責任者)

「マクラーレン・ホンダとして挑んだ最後のホームグランプリでポイントフィニッシュを果たせずにがっかりしています。フェルナンドは最後尾グリッドからスタートしたにもかかわらず、前を行くマシンに対して競争力の高いペースを維持していました。終盤にマッサを追いかけ、惜しくも10位を逃してしまいましたが、今日の彼にはポイント獲得のペースがあったと思うので、本当に残念です。ストフェルは9番手スタートだったものの、レーススタート直後のターン2で不運なインシデントに見舞われてポジションを落としました。幸い、大きなダメージはなかったので、レースは続けられましたが、難しいレースでしたし、残りのラップは損傷を最小限に抑えるためのレースになりました。今回はホームグランプリだったので、かなり強い思いを持って挑んだのは確かです。声援を送ってくださったファンの皆さまには深く感謝申し上げます。また、週末を通して疲れ知らずに働き続けてくれたチームにも感謝しています。ポイント獲得というご褒美を得られなかったことは残念ですが、まだ今シーズンは4戦が残っているので、最後まで戦い続けます」

© ESPN Sports Media Ltd.