News

  • セバスチャン・ベッテル

フェラーリを「守る」とベッテル

Me
2017年10月8日 « ルクレールがF2タイトル獲得 | ピレリ、気温上昇も大半が1ストップで完走 »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

日本GPから早期リタイアしてしまったことは"痛い"と認めるセバスチャン・ベッテルだが、自身のチャンピオンシップの可能性に大きな影響があったとはいえ、フェラーリへの批判は自ら先頭に立って退けるという意志を表明している。

ベッテルはわずか4周でエンジントラブルのためにリタイアしたが、どうやら問題はレース前から発見されていたようだ。スタートはしたもののすぐにポジションを下げてしまい、ベッテルはパワー不足を訴えていた。

彼のリタイアはここでもチャンピオンシップリーダーであるルイス・ハミルトンの勝利と重なり、4戦を残してハミルトンのリードは59ポイントに広がった。2戦連続でエンジントラブルに見舞われてのリタイアという痛みを抱えながらも、ベッテルはチームを責めようとはしなかった。

「批判的になるのは普通のことだよ。特に何かがうまくいかなかった時はね。それも僕らの仕事の一部なんだと思う」とベッテルは述べた。「僕は、彼らを守らなきゃと思うんだ。僕らはここまで素晴らしい仕事をしてきた。確かにここ2戦の信頼性問題は残念だよ。でもね、そういうこともあるものさ」

「もちろん痛いし、みんながっかりしている。でも、今僕らがすべきことは1回戻って少し休憩し、最後の4戦を全力で戦って結果を見ることだろう」

このリタイアによってハミルトンのチャンピオンシップ優勝の可能性はこれ以上ないほど高くなった。それもシーズン終了を待たずして決まる可能性が高い。しかし、そうしたネガティブな見方をするのは間違っているとベッテルは言う。

「分からないよ、まだ僕らにも今年のチャンスがある。もちろん、今日の結果や次の数戦の結果次第だし・・・もう望んだように自分たちでコントロールする余地はなくなってしまったよ。でも、全体としてチームはいい方に進んでいると思う」

「レースごとに僕らは良くなっている。人々が思ったよりはるかに前進したはずだ。ポジティブなこともある。まあ、今はあまりそっちに目を向けないけどね。今日はポジティブになるべき日じゃないから」

© ESPN Sports Media Ltd.