News

  • トロ・ロッソ

トロ・ロッソ、サインツを早期リリース

Me / Jim
2017年10月7日 « パーマーが鈴鹿を最後にルノー離脱 | 鈴鹿で初の表彰台を目指すリカルド »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

トロ・ロッソはシーズン第17戦US GPからカルロス・サインツがルノーに移籍することになったと発表した。

サインツはもともと2018年シーズンからルノーに加入することが決まっていたが、トロ・ロッソによると「状況が変わったため、もともとの予定よりも早く彼をリリースすることにした」とのことだ。

サインツが抜けるUS GPではダニール・クビアトがコックピットに戻り、ピエール・ガスリーと共にレースに挑むことが明かされている。

トロ・ロッソ代表のフランツ・トストは「3シーズン近いF1シーズンでカルロスがささげてくれた全ての努力に感謝したい。彼は常にベストを尽くし、優れた態度と仕事へのコミットメントを見せてくれた。そのおかげで彼は在籍中われわれにいくつか素晴らしいリザルトを残してくれている。それ故にトロ・ロッソの皆を代表して、新たなチームでの彼の大いなる活躍を祈らせてもらいたい。コース上で倒すことを楽しみにしているよ!」と話した。

また、トロ・ロッソを離れ、ルノーに活動の場を移すサインツは次のようにコメントしている。

「はじめに、今シーズンをルノー・スポール・レーシングで終える可能性を僕に与えてくれたトロ・ロッソとレッドブルに感謝したい。より詳しく言えば、この数年間、サポートを続けて最高の仕事をしてくれた僕の全てのエンジニアたちとメカニックたちに心から感謝を伝えたい。トロ・ロッソは素晴らしい人たちの集まりだ。彼らの未来に幸運が待ち受けていることを願っている。僕個人としては、必ず明日のレースで自分にできるベストを尽くすよ・・・それが最高の別れのあいさつになるからね! それに加えて最後の4レースをルノーで戦えるということは、予想より早くチームとクルマのことを知るいい機会となる。チームと仕事を始めるのを楽しみにしているよ」

© ESPN Sports Media Ltd.