News

  • セルジオ・ペレス

ペレス、フォース・インディアと契約延長へ

Me
2017年9月14日 « 関係破綻の責任はマクラーレンにあるとエクレストン | 有利な選択肢は至る所にあるとアロンソ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

フォース・インディアとの新たな契約にサインするのは"時間の問題"だと語るセルジオ・ペレス。今のF1でトップチームのシートを見つけるのは困難だと彼は認めた。

ルノーへの移籍もうわさされていたペレスだが、トロ・ロッソがルノーからHondaエンジンに切り替えるとされる件でカルロス・サインツが加入すると考えられており、ペレスの行き先は限られてしまった。トップ3チーム――メルセデス、フェラーリ、レッドブル――は2018年のドライバーラインアップを発表済みであり、ペレスにとってはフォース・インディアが最善のオプションといえる。

「ドライバーマーケットがあまり動かないから、どうすればいいか決めるのは難しい」とシンガポールGPを前に彼は語った。「トップチームにはシートがないし、これ以上上のグリッドも望めない」

「正直な話をすれば、(他のチームに)2つのオプションがあるけど、それについてはあまりコメントしたくないな」

制限はあれど、ペレスはフォース・インディアとの契約交渉が進展していることに自信と満足感を示し、近いうちにサインをするつもりだという。

「契約にサインするまで本当にあと少しなんだ」と彼は述べた。「(フォース・インディアは)間違いなく自分の才能を発揮できるクルマを与えてくれるチーム。それはすごく大事だし、ここは僕にとって素晴らしい場所だと感じている」

ペレスは先月のスパでチームメイトのエステバン・オコンと危険な接触を引き起こし、スポットライトをあびている。このまま2人が同じチームでやっていくことが可能なのかという疑問も持ち上がっているが、どうやら2018年もコンビは継続されることになりそうだ。

契約について楽観的なペレスはここまで58ポイントを獲得してランキング7位にいる。しかし、シンガポールでのフォース・インディアのチャンスについてはやや慎重だった。

「ここはエンジンがそこまで重要じゃないから、大きなチャレンジになるのは間違いない」と彼は述べた。「ルノー、トロ・ロッソ、ハースとマクラーレンにもプッシュされるだろう。かなり激しい週末になりそうだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.