News

  • イタリアGP - レッドブル - 決勝

後方から4位入賞を果たしたリカルド

Kohei Saito / Me
2017年9月4日 « ピレリ、予想通り1ストップが主流 | 悔しさを残しながらも結果に満足するオコン »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

シーズン第13戦イタリアGP決勝レースが開催された3日(日)、レッドブルのダニエル・リカルドとマックス・フェルスタッペンは後方スタートを強いられながらも、リカルドが4位、フェルスタッペンは10位で入賞を果たした。

ダニエル・リカルド

「大満足のリザルトだ! すごく楽しかった。今年の僕のお気に入りの2レースは、両方とも後方グリッドからのスタートってことになったね。シルバーストーンと今回のレースさ。レースではいくつか良いオーバーテイクができてずっと興奮しっぱなしだったし、終盤のペースはかなり良かった。セブ(ベッテル)の姿が見えてきて、表彰台も狙えるぞって感じていたから、最後まで彼を捕らえようとトライしてみた。クルーはレース中最速のピットストップ作業をやってのけたし、僕自身もファステストラップを記録したから、すごくクールな気分さ。ほとんどパーフェクトな1日と言ってもいいんじゃないかな。グリッド後方からのスタートだったので、これ以上は望めなかったと思う。もちろん、最初は無理だと思われていた表彰台フィニッシュをつかみたかったけれど、それは来年のお楽しみかな。今日はチームにとって良い弾みになったし、シンガポールを楽しみにしている」

マックス・フェルスタッペン

「良いスタートをしてすぐにザウバーの2人の間に割り込み、ブレーキング中にかなり良いラインを選んだ。その後、ターン2の出口でさらにポジションを上げて、けっこう良い感じだったんだ。3周目にマッサと接触してタイヤをパンクさせてしまい、そこで実質的には僕のレースは終わってしまった。タイヤとフロントウイング交換のためにピットインを強いられ、その時点で2ストップ戦略に変更した。そこからキャッチアップを開始したんだけど、マシンはかなり良好に機能していたから、それについて不満はないよ。少なくともレースを完走できたし、スタートで起こったことを考えればポイント圏内ぎりぎりでレースを終えられたのは悪くない結果だと思う」

クリスチャン・ホーナー(チーム代表)

「今日はダニエルがファンタスティックなドライブを見せてくれた。スタートは不完全なものだったが、彼はレースを通して戦い抜き、ペースも戦略も良かった。そして幾度も素晴らしいオーバーテイクを見せてセバスチャンから4秒以内、ポディウムまであと一歩というところでフィニッシュしている。まさにドライバー・オブ・ザ・デーにふさわしいよ。マックスはフェリペとのレーシングインシデントに巻き込まれて不運だった。この結果、彼はパンクチャーに見舞われている。彼のペースもダニエルのものと遜色はなかったので、3周目のあのパンクチャーで妥協を強いられてしまったことが残念でならない。だが、それでも彼は戦い続け、最後の1ポイントを持ち帰ってくれた」

© ESPN Sports Media Ltd.