News

  • ベルギーGP - ザウバー - 決勝

ウェーレインはサスペンション問題でリタイア

AI / Jim
2017年8月28日 « 直線で「やられっぱなし」だったとバンドールン | フェルスタッペン、「悔しい」ホームレース »
© Manuel Goria/Sutton Images
拡大

シーズン第12戦ベルギーGP決勝レースが行われた27日(日)、ザウバーのパスカル・ウェーレインはトラブルでリタイアしたものの、マーカス・エリクソンは16位で完走を果たした。

マーカス・エリクソン

「このレースに臨むにあたって、すごく競争力があるわけじゃないって分かっていた。特に第2セクターのように、僕たちにとって良い部分もあったけどね。それでも、第1と第3セクターのストレートラインのスピードが足りなくて、全体的には難しいレースだった。モンツァのコースもパワーユニットへの要求に関して似たような挑戦になるだろうけど、できる限りベストな結果を目指して戦うために最善を尽くすつもりだ」

パスカル・ウェーレイン

「今週末は僕にとって厳しかった。クルマのサスペンションに問題があったから、残念ながらレースをリタイアしなければならなかったんだ。もう次のレースに集中しているし、モンツァでより良い結果を出すために新しいチャンスがあることを楽しみにしている」

フレデリック・バッサー(チーム代表)

「残念ながら、パスカルのレースはあっという間に終わってしまった。サスペンションに問題が発生し、3周目にリタイアしなければならなくなった。マーカスの第1スティントは順調で、直接のライバルと争っていたが、最終スティントは残念なものになってしまった。マシンにダメージがあることを確認している。この先のレースに向けてパフォーマンスを改善しようと励んでいるところだ」

© ESPN Sports Media Ltd.