News

© Sutton Images
拡大

ニューヨーク、マイアミ、ロサンゼルス、ラスべガス――F1のチェイス・ケアリーCEOによると、この4都市は全てアメリカで2つ目のグランプリ開催地になる可能性を持っているという。

スポーツのの商業権が1月に『Liberty Media(リバティ・メディア)』に買収されて以来、アメリカの都市でもう一つレースを開催することがF1の重要課題となっている。その候補地に挙がっているのが上記の4都市で、その全てにおいて潜在的レースプロモーターから関心の問い合わせがあったとケアリーは述べている。

「私はこれまでずっと4カ所を候補地に挙げているはずだ。ニューヨーク、マイアミ、L.A.とベガスだよ」とケアリーは『Racer(レーサー)』に語った。「それらが実例となる。だが、これらの議論を公の場で行っていきたいとは思わない」

「そのどれもが関心を示しているよ。そのうちの複数について1つ以上の関心が示されてはいるが、私は彼らを公の場で戦わせようなどとは考えていない。われわれは正しいパートナー、正しい機会、正しい場所を見つけ、人々の想像力を引きつけることができる正しいタイプのイベントにするための正しいプラットホームを見つけたいんだ」

「そのための正しい方法はこうした議論を行っていくことだと考える。ただ契約ができればいいのではなく、われわれは本当のパートナーになりたいんだ。お互いにエンゲージできるパートナーシップが理想だ」

「これらのイベントはスポーツの顔であり、何がこのスポーツを特別にしているのかを代表するイベントにすることが重要なのだ。そのためには思慮深くなければならないし、正しい場所で、正しい機会に正しいパートナーを見つけなければならない」

オースティンで開かれている既存のUS GPがカレンダー入りしたのは2012年。10年契約でのことだった。レースについてはここ数年、先行きを危ぶむ声もあるが、リバティはそれを積極的に継続したいと考えている。アメリカで複数のレースを開催してはならない理由は見当たらないとケアリーはいう。だが、一番の焦点はまず2つ目のレースを稼働可能にすることであり、それからさらなる拡大を目指すべきだという。

「まずは1つからスタートする。2つ(を同時に)は望まない。まずは1つを軌道に乗せて、そこから学ぶべきことを学ぶ。まあ確かに、われわれの希望としていつかは1つより多くなればいいと思っているよ」

「だがそれはまだ随分先の話だ。数にばかり注目してほしくはない。スポーツがわれわれの考える姿であるのなら、それ以上を望んでもいいだろう。だが、現在の焦点はオースティンに続く2つ目のレースを追加することであり、それを自分たちの理想の形に仕上げることだ」

© ESPN Sports Media Ltd.