News

  • イギリスGP - ルノー - 予選

予選結果をポイントにつなげたいルノー

AI / Jim
2017年7月16日 « 「ハミルトンに邪魔された」と怒り心頭のグロージャン | レッドブル、精いっぱいの5番手 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

15日(土)、シーズン第10戦イギリスGP予選に臨んだルノーのニコ・ヒュルケンベルグは6番手タイムを刻んだが、チームメイトのジョリオン・パーマーは11番手でQ3進出を逃した。

予選4番手だったメルセデスのバルテリ・ボッタスがギアボックス交換に伴うグリッド降格ペナルティを受けるため、ヒュルケンベルグのスタート位置はひとつ繰り上がることになっている。

土曜フリー走行はヒュルケンベルグが5番手、パーマーは14番手のタイムを残した。

ニコ・ヒュルケンベルグ

「今日はとても上出来な予選だったから、トップチームのすぐ後ろからレースをスタートする。いいリズムに乗れて、いいタイムが出せた。チームは正しいコースコンディションの時に適切な判断をしてくれた。流れが良かったね。僕は落ち着いていたし、クルマに自信もあったから、いいラップを走れたんだと思う。今週末、ここに持ち込んだアップグレードも前進に一役買ってくれているみたいだ。そうは言っても、明日のレースが正念場になる。クリーンなレースができるようやってみよう。必死でプッシュするつもりだし、ポイントが取れたらすごくうれしいだろうな」

ジョリオン・パーマー

「今日はクルマにとてもいい感覚があったし、結果には満足している。もしかするとあとコンマ1秒くらいはタイムを上げられたかもしれないけど、ここ数戦よりはずっといいポジションからスタートするんだ。だから、しっかり前に進んで、明日はポイントが取れるといいね。いいレースをする自信がある。スタンドにたくさんのユニオンジャックが振られていて、週末を通して雰囲気が素晴らしい。みんなのサポートがとってもうれしいよ。いいモチベーションになっているし、今年のクルマでコースを走るのが今はとても楽しいんだ」

アラン・パーメイン(スポーティングディレクター)

「今日の予選結果には本当に満足している。今週末に初めて持ち込んだ空力アップデートがとても良く機能しており、ジョリオンも本当にわずかな差でQ3を逃したにすぎない。ニコはレースに向けて好位置につけており、ジョーはタイヤを自由に選べるので、明日はスタートに期待しつつ、今日の結果をポイントにつなげられるよう期待している。雨がセッション開始直前に降り始めたので、対応は容易ではなかった。路面が急速に発展していたQ1を突破できて本当にうれしかったし、その勢いを続く2セッションでも継続できたことには満足している。ドライバーもチームも変化が激しく難しいコンディションで素晴らしい仕事を果たした」

© ESPN Sports Media Ltd.