News

  • エステバン・オコン

チームは50/50で納得しているとオコン

Me
2017年7月7日 « ハミルトン、トッドに説明を求める | バクーの接触とFIAの判断に対するドライバーの反応 »
© Kym Illman/Sutton Images
拡大

フェアなレースの仕方を学ぶべきとのセルジオ・ペレスの忠告に、チームはバクーでのクラッシュについて両方のドライバーに責任があると考えているとエステバン・オコンが反論した。

大波乱となったバクーのレースでフォース・インディアは2台そろって表彰台を狙える位置につけていた。しかし、レース半ばにターン2でポジションを争い、オコンがペレスと接触してしまった。オコンはコーナーでチームメイトのインに飛び込み前に出たが、出口でラインをクロスしたため、ペレスが行き場をなくして壁に衝突。2台ともマシンにダメージを負った。

レース後ペレスはオコンのドライビングに激怒しており、オーストリアに来てからも彼の若きチームメイトは"レースの何たるかを理解すべき"と発言した。ところが、オコンによるとチームは事故の責任は双方にあると考えているという。

「僕はレース後飛行機に乗って、チームと(インシデントを)見直すためシルバーストーンレースに向かった」とオコンは述べた。「彼らは自分たちの考えについていくつかのメモを用意してくれていて、責任は50/50だったという結論にたどり着いた」

「僕だけの責任じゃないし、セルジオだけの責任じゃない。僕たち両方の責任だ。彼にも良くないところがあったし、僕にも良くないところがあった。だから全体的には50/50のレーシングインシデントということになる」

これからお互いが争う場面では2人とももっと慎重になるはずだとオコンは確信している。

「今後は2人とも接触しないようにもっと気をつけるはず。こんな風に大きなポイント獲得のチャンスを逃したくないからね。ウィリアムズは調子がいいし、クルマにアップデートを持ち込んでいる。彼らはどんどん速くなってきているんだ。あんな風にポイントを失うことはもう許されない」

ほんの90分前のペレスの発言を聞かされたオコンは次のように述べた。「そういうコメントには反応したくないな。僕はシングルシーターで40戦以上連続完走を果たしている。ヨーロッパF3のチャンピオンで、GP3のワールドチャンピオンだ。ホイール・トゥ・ホイールのレース経験が足りないとは思わないな」

© ESPN Sports Media Ltd.