News

© Charels Coates/LAT/Sutton Images
拡大

F1商業部門のマネジングディレクターを務めるショーン・ブラッチズは将来的に年間21戦より多くのレース開催を目指している。

今年のカレンダーは全20戦となっているが、2018年はマレーシアGPがなくなるとはいえ、ドイツとフランスが復活することで全21戦になる見通しだ。新オーナーたちの狙いの1つは潜在的に利益を生み出せるテリトリーでスポーツを拡大することで、ブラッチズはその実現に向けて動き出したいと述べている。

「行き先については自分たちのチームと協力して決めたいが、われわれとしては21(戦)より多く開催したいと考えている」と彼は『Reuters(ロイター通信)』に語った。「さらに、もう少し率先的に自分たちで動いて、進出するマーケットに関しては攻勢に出たい」

近年の新規開催地はロシアやアゼルバイジャンなど、その権利を獲得するために多く投資した最高入札者が選ばれる傾向にある。ブラッチズは将来的には金額面だけでなく、スポーツのイメージに合う開催地も増やしたいと述べた。

「最適な地域で最適なカレンダーを定めるにあたっては、該当する相手と話し合い、たとえ入札に際してやや後手だったとしても何らかの主張をすることができるかもしれない」

さらにブラッチズは他のメジャースポーツイベントとの日程の衝突を避けることにも意欲的だ。

「それら全てを考慮する必要があり、チームのパートナーたちと緊密に協力して最高水準を割り出し、全員にとって意味を成すものを見つけなければならない」と彼は述べた。「ファンにとってベストなことは何か、それについて大きな感心を持っている」

「来年は・・・ウインブルドン決勝とワールドカップ決勝が同じ日に開催される週末がある。イギリスGPをその日に開催するのは理想的ではない。タイトなスケジュールだよ」

© ESPN Sports Media Ltd.