News

  • アントニオ・ジョビナッツィ

ジョビナッツィ、ハースで7回のフリー走行に参加

Me
2017年6月1日 « F1エンジンを使ったメルセデスのハイパーカーの詳細が明らかに | 「驚異」のアロンソはF1のベストだとアンドレッティ »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

フェラーリのサードドライバーを務めるアントニオ・ジョビナッツィがハースF1チームから2017年中に7回のプラクティスセッションに参加することになった。彼は今年、3つのチームでのドライブを経験することになる。

イタリア人のジョビナッツィは第1回バルセロナテストでけがをしたパスカル・ウェーレインに代わってザウバーのドライブを担当し、オーストラリアGPでF1レースデビューを飾った。メルボルンは12位でフィニッシュしたが、中国GPはクラッシュに終わった。

ジョビナッツィが初めてF1マシンに乗ったのは今年初め、フェラーリの2015年マシンをドライブした時で、開幕後のバーレーンテストではフェラーリの2017年マシンもドライブしている。2016年のGP2シリーズランキング2位のジョビナッツィは7月のイギリスGPのフリー走行でハースデビューし、その後ハンガリー、イタリア、マレーシア、メキシコ、ブラジルとアブダビでもFP1でVF-17のステアリングを握ることになる。

そのうちの6回でシートを譲るのはケビン・マグヌッセンで、10月のメキシコだけはロマン・グロージャンが交代する。

「すでに素晴らしい機会であふれているこの年に、ハースF1チームからもう一度それを与えられて誇らしいよ」とジョビナッツィは述べた。「スクーデリア・フェラーリのサードドライバーでいられるというのはとても素晴らしいことだ。こうしてハースF1チームのFP1セッションに参加することで僕はずっとシャープでいられる」

「これまでシミュレーターで学んだことを生かし、それを実際のレースコンディションに適用することができる。フェラーリとハースが示してくれた信頼を誇りに思うし、シートをシェアしてくれるケビンとロマンにはとても感謝している」

© ESPN Sports Media Ltd.