News

  • バーレーンテスト - メルセデス - 初日

ロングランの改善に励んだハミルトン

Jim
2017年4月19日 « テスト作業に満足するグロージャン | セリス、渋滞にはまり力を出しきれず »
© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

18日(火)、バーレーン・インターナショナル・サーキットでインシーズンテストが開始され、メルセデスのプログラムはルイス・ハミルトンが担当した。

ハミルトンは97周を走り、1分31秒358を刻んでタイムシート最上位につけている。

ルイス・ハミルトン

「今日はものすごく暑かったし、風も強くてトリッキーだったけど、かなりたくさんの作業を終えられた。僕たちはタイヤの理解を深めることに集中しながら、特にレース中のスーパーソフトコンパウンドに関して、ロングランを改善できるようにマシンのリアについても作業した。僕たちには特定のゴールがあって、チームと共にそれを成し遂げられたことはポジティブだと思っている。ソチはもっとスムーズなコースだし、タイヤにもそれほど厳しくないから、わりと長持ちさせられるはず。ソチではタイヤの使い方よりもマシンペースに集中できるといいな」

© ESPN Sports Media Ltd.