News

  • ウィリアムズ

2017年型マシン最初の映像をウィリアムズが公開

Me
2017年2月17日 « ウィリアムズ、空力責任者としてディルク・デ・ビアと契約 | ウェーレイン、初テスト参加を断念 »

『Autosport(オートスポーツ)』が公開した『YouTube(ユーチューブ)』の動画を通じて、ウィリアムズが2017年型マシンのデザインを一番に披露したチームとなった。

17日(金)に投稿された動画でベールを脱いだFW40はいくつかのアングルから映し出されている。マシンにはダウンフォースを増やし、数秒単位でラップタイム短縮を目指す新レギュレーションに沿ってスタイルを変化させたフロントとリアウイングが搭載されている。

また、後退したサイドポッド、大型バージボードと車幅の広さも特徴だ。しかし、ノーズコンセプトに関しては前代のFW38からほぼ変わっていないように見受けられ、先端部分が突起状に飛び出してノーズハイトのレギュレーションを満たしている。

FW40でレースを戦う今年のドライバーはフェリペ・マッサとランス・ストロールで、27日(月)からシルクイート・デ・バルセロナ・カタルーニャで初の公式テストに臨む。今年はウィリアムズのF1参戦40周年にあたることから、マシン名はFW39を飛ばしてFW40と呼ばれることになった。

© ESPN Sports Media Ltd.