News

  • ウィリアムズ

ウィリアムズ、空力責任者としてディルク・デ・ビアと契約

Me
2017年2月17日 « ハースの新車発表日が決定 | 2017年型マシン最初の映像をウィリアムズが公開 »
© Martini/Sutton
拡大

2017年シーズンの開幕を前に、ウィリアムズがフェラーリの元空力責任者ディルク・デ・ビアと契約した。

デ・ビアはチームの空力部門を率いることになり、正式な就任は3月1日(水)となる。ジェームス・アリソンの下、ルノーとロータスで成功を収めたデ・ビアはそのままボスについて2013年にフェラーリに移った。しかしアリソンと同様、彼も昨年の技術陣一新でマラネロを離れていた。

「ウィリアムズの一員になれてとてもうれしい」とデ・ビアは述べた。「このチームはF1で素晴らしいヘリテージを持っており、これで私もその一員になれたのだと思うと、誇らしい気分だ。デイブ・ウィーターやウィリアムズの空力チームと働くのが楽しみであり、シーズン中とそれ以降もマシンの開発に役立ちたい。この機会を与えてくれたウィリアムズに感謝している」

副チーム代表のクレア・ウィリアムズが彼を歓迎した。「ディルクの広大な経験の恩恵にあずかれることを大変うれしく思います。F1の空力責任者を何年か経験した彼の知識と技術的専門性は、ウィリアムズをグリッドの先頭へ押し戻そうとするチームの継続的努力にとって間違いなく大きな資産となるでしょう」

デ・ビアはウィリアムズが今年熱心に行っている新規採用者の1人だ。年内には元マクラーレンのデイブ・レディングがやってくることになっており、メルセデスで技術部門のトップだったパディ・ロウのチーム入りも予想されている。

© ESPN Sports Media Ltd.