News

  • バルテリ・ボッタス

「ハミルトンが倒せる相手なのは証明済み」とボッタス

Me
2017年2月15日 « Hondaとルノーが新エンジンの産声を披露 | ニューイのハイパーカー、追加情報が明らかに »
© Martini/Sutton
拡大

バルテリ・ボッタスは今年のメルセデスでルイス・ハミルトンの2番手に甘んじるつもりはなく、ニコ・ロズベルグに倣ってタイトル争いで新チームメイトを倒すつもりで挑むという。

2016年のタイトル獲得からわずか5日後にロズベルグが現役チャンピオンとして引退を決めたことで、その後任として大抜てきされたのがボッタスだった。

ハミルトンがシーズンを通してチームメイトに敗れたのはF1キャリアで2度目のことであり、タイトルをチームメイトに奪われたのは初めてだ。

ウィリアムズで4シーズンを過ごしたボッタスにはまだF1でレースに勝った経験がないが、ハミルトンが倒せる相手であることは、ロズベルグの2016年シーズンによって証明済みだという。

「僕は可能だと感じている」と彼は『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』に述べた。「ルイスを倒すのが可能だってことはニコが証明してみせた。僕は2位やそれ以下になるためにここにいるんじゃない。間違いなくチャレンジだし、ルイスに対抗するなんてチャレンジに決まっている。でも、僕にとっては大きなチャンスだ」

自身のF1での記録はまだハミルトンには到底及ばないと認めながらも、勝てるマシンを与えられればポテンシャルを証明できるとボッタスは自信を見せた。

「彼(ハミルトン)のこれまでの実績は本当に尊敬しているんだ。あんなに多くのポールに勝利、そして3度のタイトルを獲得したんだからね。僕にはまだレース勝利もないんだから、証明すべきことは山ほどある。F1ではまだ何も証明していないも同然だよ。全てはこれからだ」

© ESPN Sports Media Ltd.