News

  • エマーソン・フィッティパルディ

フィッティパルディがスーパーカーのプロジェクトに一役

M.S.
2017年2月2日 « メルセデスW08、ファクトリーで始動 | 「ハミルトンの秘密は守るよ」とロズベルグ »

ドイツHWAとイタリアのピニンファリーナの共同制作によるスーパーカーを製造するという新プロジェクトに2度のF1チャンピオンであるエマーソン・フィッティパルディが一枚噛んでいる。

『Fittipaldi Motors(フィッティパルディ・モーターズ)』が3月7日(火)にジュネーブ・モーターショーで新車EF7を発表するという。1日(水)に伊ピニンファリーナがソーシャルメディアを通じてその断片的な姿が公開した。

「新たな最高傑作が誕生。FE7ビジョン・グランツーリスモbyピニンファリーナが3月7日にジュネーブ・モーターショーでデビュー」

イタリアのピニンファリーナはフェラーリの275GTBやF40、エンツォといったアイコニックなマシンを生み出してきた。また、ドイツのエンジニアリング企業HWAはメルセデスのDTMチームを運営するほか、F3にエンジンを供給している。

「象徴的なドライバーであるエマーソン・フィッティパルディのマインドと優美なピニンファリーナのクラフトマンシップ、そしてHWAの完璧なエンジニアリングが共に近代の傑作、フィッティパルディEF7ビジョン・グランツーリスモbyピニンファリーナを生み出した」と短い声明にはある。

人気ゲームソフトシリーズ" Gran Turismo (グランツーリスモ)"にもバーチャルのEF7が登場する予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.