News

© Mark Sutton/Sutton Images
拡大

21日(土)に開催されたレース・オブ・チャンピオンズ(ROC)で、パスカル・ウェーレインがひやりとさせるクラッシュを起こしたが、幸いにもけが人はいなかった。

ポラリス・スリングショットでウェーレインが対戦していたのは同じF1ドライバーのフェリペ・マッサで、今年の会場となっているマイアミのマーリンズ・パークで事故は起きた。ザウバー入りが決まったばかりのウェーレインは最終コーナーを立ち上がってからマシンのコントロールを失ってしまったようで、コースを仕切っている中央のバリアに衝突した。

ステアリングを傷めたウェーレインはそのままストレートエンドでマッサのマシンに接触、宙に浮いたマシンは何度か横転し、外側のバリアにもたれかかるようにして止まった。幸いにもウェーレインと同乗者にけがはなく、歩いてその場を離れている。

このレースはマッサの勝利となり、彼と彼の同乗者にもけがはなかった。

© ESPN Sports Media Ltd.