News

  • フランスGP

フランスGP復活が正式発表

M.S.
2016年12月5日 « メルセデス、ハミルトンを処罰せず | 瞑想やゴーカートで自分を磨いたロズベルグ »
© Sutton Images
拡大

10年の空白の後、フランスGPが2018年のF1カレンダーに戻ってくる。

新たな5年契約締結とのニュースは、パリのフランス自動車クラブで開かれた記者会見で発表されたもの。レースは1971年から1990年までに14回のグランプリを開催した南フランスに位置するポールリカール・サーキットで行われる予定だ。プロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール地域圏、トゥーロン市、ヴァール県、フランス自動車連盟が財政的に支援する。

ポールリカール・サーキットは1999年にバーニー・エクレストンの家族信託が所有する企業に買収されているが、レースオーガナイザーらは同社からサーキットを貸借しているものと見られる。ポールリカールは近年、主にテスト地として使用されており、9月には2017年タイヤのテストが2回実施された。

フランスGPは直接的に別のレースと交代するものではないが、先週に発表された2017年カレンダーからはドイツGPが脱落している。また、マレーシアGPも2018年のレース後にカレンダーから消える可能性が高い。さらに、ブラジルGPの将来にも暗雲が立ち込めている状態だ。

モータースポーツ史において重要な位置を占めるフランスだが、2008年のマニクール以来フランスGPは実施されていなかった。

© ESPN Sports Media Ltd.