News

  • アブダビGP - ハースF1 - 決勝

ハース、初年度に満足のいく締めくくり

Jim / Me
2016年11月28日 « 一致団結したシーズンだったとザウバー | ほろ苦いレースで2016年を終えたルノー »
© Stange/Sutton Images
拡大

27日(日)にシーズン最終戦アブダビGP決勝が開催され、ハースF1のロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスは11位と12位で完走を遂げた。

ロマン・グロージャン

「最高のシーズンを過ごせたし、自分たちも含めて皆を驚かせられたんじゃないかな。良いこともあればダメなこともあったけどね。今日はポイントを獲得できなかったけれど、上位6台のメルセデス、レッドブル、フェラーリを除くと、僕たちは3番手のチームだから、それほど悪くない。冬の間に改善できるところはたくさんある。主にはタイヤだ。今日もレース中の数ラップはかなりペースが良かったし、タイヤが機能しているうちはマシンの感触もすごく良かった。でも、数周を走ったら徐々にうまくいかなくなっちゃった。取り組むべき場所がどこかは分かっている。僕たちが来シーズンに向けて大きく改善できる部分については、他のすべてのチームは限界に近いところだと思う。来年が楽しみだね」

エステバン・グティエレス

「このチームの皆と働けて本当にうれしい。今日は全力を尽くしてベストパフォーマンスを見せられたと思う。できれば皆にとって最高の思い出になっているといいな。ジーン・ハース(オーナー)、そしてギュンサー・シュタイナー(チーム代表)と一緒に働けたことは本当に素晴らしく、またうれしいことだった。ゼロからスタートしたこのチームにいられたこと、シーズンを通してプロジェクトの一員でいられたことを誇りに思う。僕のクルー、エンジニア、メカニックに心からの感謝を。チーム全体の今後の活躍を願っている」

ギュンサー・シュタイナー(チーム代表)

「今日はおおむね満足だ。マシンはコンペティティブで、11位と12位でフィニッシュしたのだから、今季を映す鏡だよ。ポイントは取れなかったが、良い形で1年を終えた。両ドライバーはわずかにポイントの圏外で、今日はわれわれのベストに数えられるレースができたと感じている。ファーストシーズンを終えるにはいい形だ。この場を借りて全員に、特にこの機会をわれわれに与えてくれたジーン(ハース/チームオーナー)に感謝したい。懸命に仕事をしてくれたチーム、そしてロマンとエステバンの1年を通した努力にも感謝している。さて、では来年の準備に取りかかるとしよう」

© ESPN Sports Media Ltd.