News

  • マリオ・アンドレッティ

マリオ・アンドレッティ、ハースに米人ドライバーを熱望

Me
2016年10月19日 « ブラウン、メルセデス離脱の真相を語る | ビッグになるならニューヨークGPを、とハミルトン »
© Sutton Images
拡大

アメリカでF1の露出を増やすために、マリオ・アンドレッティはハースF1チームにアメリカ人ドライバーと契約するよう促した。

ロマン・グロージャンは残留の可能性が高いとみられているが、ハースはまだ来季のドライバーを明らかにしておらず、エステバン・グティエレスの状況は不透明だ。若きアメリカ人ドライバーのサンティノ・フェルッチが開発ドライバーとして登録されているものの、F1で2年目のシーズンを迎えるにあたってのチームの希望は経験者だ。

マリオの息子マイケルのチームに所属し、今年のインディ500でルーキーながら優勝したアレキサンダー・ロッシは2015年にマノーで5戦を経験しており、候補に挙がったこともあったが、彼はインディカーでもう1シーズン戦う契約を結んだ。ハースにはアメリカでスポーツを発達させる責任があるとアンドレッティは考えている。

アメリカ人ドライバーがグリッドにいないことについてアンドレッティは次のように『ESPN』に語った。「アメリカチームが誕生したことで、少しは何かが変わるかもしれない。私はいつか彼らがアメリカ人とサインすることを願っているよ。ここには巨大なファンベースがあると思うからね。F1に対しても、表現は控えめだと思う。しかし、そこにアメリカ人ドライバーがいれば、本格的に広がる様が目に浮かぶよ。サーキット・オブ・ジ・アメリカズでのレースもあるのだからね」

「(アメリカの)才能が見過ごされているいい例が、アレキサンダー・ロッシだ。彼はGP2で大活躍し、サーキットをよく知っていて、経験もある。ところが、トップチームから声が掛からなければ、自分の実力など示しようがない」

これをきっかけに、地元の関心を引くゲストドライバーの導入についてチームは議論べきだとアンドレッティは説く。

「私の実質初めてのF1レースはフェラーリのサードドライバーとしてだった。トップチームだよ。優秀なドライバーたち、例えばアレキサンダーがいくつかのイベントでメルセデスのサードドライバーとして招かれていたら、彼の評価も違っていて、また別の物語になっていたかもしれない」

「彼がここアメリカで良いシーズンを過ごし、マイケルともう1シーズン契約を更新したのを見ると、どうやら(F1の)トップチームからのオファーはなかったようだ」

チームオーナーのジーン・ハースは、彼の求めている要求を満たすアメリカ人ドライバーは今のところいないと説明しており、グリッド上の他のチームでそれなりの経験を積んだドライバーでなければ契約しない考えをほのめかす。

「全てをアメリカずくめでやろうと思ったら、資金も時間も全てが足りないよ」とハースは『ESPN』に述べた。「われわれは本気でレースチームを作るためにここにいるんだ。それをできるだけの血統を持ったアメリカ人ドライバーがやってくれば、ああ、真剣に検討するだろう。だが、今はF1ドライバーがいない」

「われわれは常に経験を求めている。ここにあるのはドライバーズマーケットなんだ。経験豊富なドライバーが2人いなくなり、ニューカマーは多くの経験を持たない。ドライバーはたくさんいるが、そういう未知数を引き受けなければならないんだ。GP3やGP2でうまく戦える者はたくさんいるだろう。資格は十分だが、F1のレースというのはそれとは全く異なるスポーツだ」

© ESPN Sports Media Ltd.