News

  • アレッサンドロ・ザナルディ

ザナルディ、パラリンピックで3個目の金

Me
2016年9月15日 « レッドブルは2017年に完全シフト | バトン、日本でSUPER GT参戦の可能性も? »
© Getty Images
拡大

元CARTチャンピオンでF1ドライバーのアレッサンドロ・ザナルディがパラリンピックの男子ハンドサイクル個人ロードタイムトライアルで金メダルを獲得した。

イタリア人のザナルディは2001年のラウジッツリンクでCARTレース中に大事故に遭い、両足を失った。リオで14日(水)に行われたレースのタイムは28分36秒81、2位の選手に3秒の差をつけてゴールした。ザナルディは15日(木)開催の男子ハンドサイクル個人ロードレースにも出場することになっている。4年前のロンドンで金メダルを獲得した競技だ。

49歳のザナルディはオープンホイールレースで成功を収め、1997年と1998年にCARTのシリーズチャンピオンに輝いた。続いてF1でウィリアムズのドライバーとしてフルシーズンを過ごすが、残念ながらポイントを獲得できずに終わった(当時は6位までが入賞)。それ以前の1991年から1994年にかけてもスポット的にF1に参戦してはいたが、入賞はチーム・ロータスから出た1993年ブラジルGPただ一度きりだった。

2011年の事故から2年後、彼はレース復帰を果たし、2005年から2009年まで義足で世界ツーリングカー選手権(WTCC)のBMWマシンをドライブ。その後ハンドサイクリングに転向し――2012年のロンドン五輪で2つの金メダルを獲得した。他にもさまざまなトライアスロンやアイアンマンイベントに車いすで参加している。

© ESPN Sports Media Ltd.