News

  • ドイツGP - 決勝

ハミルトンの逆転優勝!

Jim
2016年7月31日
© Goria/Sutton
拡大

若干雲は多かったもののF1レース日和の天候に恵まれたホッケンハイムで今季前半戦のラストを飾る2016年FIA F1世界選手権第12戦ドイツGP決勝レースが開催され、メルセデスのルイス・ハミルトンがトップチェッカーを受けた。

母国グランプリを迎えたメルセデスにレッドブルが迫るペースを見せた今週末、それでも予選ではメルセデスが頭ひとつ抜け出し、ドイツ生まれのニコ・ロズベルグが1分14秒3631を刻んでポールポジションを獲得している。ハミルトンが2番手に続き、2列目にレッドブル、3列目にフェラーリが並ぶ形でスターティンググリッドが埋まった。

予選に先だって、トラブルにより予定外のギアボックス交換を強いられたハースF1のロマン・グロージャンが5グリッド降格処分を受け、予選セッション終了後には他車のアタックラップを妨害したとしてトロ・ロッソのカルロス・サインツに3グリッド降格ペナルティが科せられている。加えて、フォース・インディアが土曜フリー走行を終えてピレリにタイヤセットを返却する際に手違いがあり、事実上は返却したはずのスーパーソフトタイヤをニコ・ヒュルケンベルグに履かせて予選を戦ってしまい、グリッドペナルティを受けたヒュルケンベルグは予選結果よりひとつ後ろの8番手からレースをスタートさせた。

全長4.574kmを誇るホッケンハイムではターン1におけるコースリミット違反が厳しく監視されることになっており、アドバンテージを得るようにコースを飛び出した回数が3に達するとスチュワードに報告が届くようになっている。また、今回のドイツGPからは無線規制が緩和され、フォーメーションラップからスタートまではこれまで通りドライバーを補助するようなやり取りはできないものの、レース中は「チームが無線またはピットボードを使ってドライバーに送るメッセージに制限は設けない」ことになった。

67周で争われた決勝は気温23度、路面温度40度、湿度50%のドライコンディションでスタート。ピレリはミディアム、ソフト、スーパーソフトのドライタイヤを持ち込んでおり、今季のレギュレーションでは各ドライバーに週末を通して13セットのドライタイヤが与えられ、うち10セットを自由に選択できるシステムが採用されている。

シグナル消灯と共に好発進を決めたハミルトンがロズベルグを追い抜き、出だしにつまずいたロズベルグはレッドブル勢にもポジションを奪われる。フェラーリはセバスチャン・ベッテルが前に出てキミ・ライコネンが後退。ロズベルグはオープニングラップを終えて4番手まで下がった。

また、中団ではウィリアムズのフェリペ・マッサがルノーのジョリオン・パーマーに追突され、ぶつかった方のパーマーは1周目の終わりにピットに戻ってタイヤを交換している。スーパーソフトからソフトに変えたパーマーは最後尾で隊列に加わった。マッサは接触の影響でペースが上がらず、通常ならペースで勝るはずの相手にも追い抜かれてしまう。リアの不調を訴えたマッサは10周目にピットストップを行い、ピットアウトのタイミングでオーバーテイクされたサインツを抜き返している。

上位勢ではレッドブルのマックス・フェルスタッペンとロズベルグが12周目に同時ピットイン。別のスーパーソフトタイヤのセットに履き替えた。その後にタイヤを交換したリカルドやフェラーリ勢、ハミルトンはソフトタイヤを選んでおり、戦略が分かれている。

第2スティントではマクラーレンの2人が魅せる。スタートでソフトタイヤを選んだエステバン・グティエレス(ハースF1)を、フレッシュタイヤに履き替えたばかりのジェンソン・バトンが料理し、そのすぐ後ろではフェルナンド・アロンソがフォース・インディアのセルジオ・ペレスをオーバーテイク。アロンソはさらにグティエレスもかわして入賞圏内の10番手に浮上した。

グティエレスは第1スティントを26周目まで引っ張り、スーパーソフトタイヤを選んで第2スティントをスタートさせている。

2回目のピットストップはメルセデスが先に動き、翌周にはレッドブルがそれに応じるようにフェルスタッペンをピットに呼び入れた。ピットアウト後はフェルスタッペンが前をキープしていたものの、ヘアピンで外側にまわったフェルスタッペンを、インを突いたロズベルグが追い抜く。ただ、この際、ロズベルグはフェルスタッペンをコース外に押し出してしまい、スチュワードが審議した結果、5秒のタイムペナルティが科せられた。

ハミルトンが39周目に入る頃、スタート後の接触がマシンパフォーマンスに響き、苦戦していたマッサがガレージにマシンを入れて無念のリタイアを喫している。

ロズベルグは45周目に3回目のピットストップを実施し、5秒の停止を経てタイヤを交換するも停車時間は合計で12秒を数え、次のラップで別のタイヤセットに履き替えたフェルスタッペンの後方についてレースを続けた。

若干の雨粒が落ちてきた終盤はヒュルケンベルグがタイヤ戦略の異なるボッタスを追い抜いて7番手に上がり、さらにもう一台のフォース・インディアを駆るセルジオ・ペレスがアロンソへのオーバーテイクを成功させて入賞圏内に入った。2ストップ戦略を敢行したボッタスはペースを大きく落とし、バトンにもポジションを奪われたが、必死にマシンをコントロールしてゴールを目指す。

最後は再び晴れ間が広がったホッケンハイムで、しっかりとレースをコントロールしたハミルトンが通算49勝目を挙げた。リカルドとフェルスタッペンが2位と3位に入り、レッドブルがダブル表彰台を達成。ロズベルグは4位に甘んじている。

他にベッテル、ライコネン、ヒュルケンベルグ、バトン、ボッタス、ペレスがポイントを獲得し、アロンソは最終的に12位で完走を果たした。

ホッケンハイムの激闘を終えたF1サーカスはこれから約1カ月の夏休みに入る。2016年シーズン後半戦の幕開けとなる第13戦ベルギーGPは8月26日(金)に初日を迎え、金曜フリー走行1回目は日本時間17時にスタートする予定だ。

© ESPN Sports Media Ltd.