News

  • モナコGP - 決勝

ハミルトンが今季初優勝!

M.S.
2016年5月29日
© Gasperotti/Sutton
拡大

ドライバーたちの腕と度胸が試されるテクニカルなモンテカルロ市街地サーキットにて、29日(日)日本時間21時から2016年FIA F1世界選手権第6戦モナコGP決勝が開催された。

今年は各レースに3種類のドライタイヤが持ち込まれ、チームとドライバーは週末に使用する13セットのタイヤ中、10セットをその中から自由に選択できる。ストリートサーキットが舞台の今回は2016年から導入されたウルトラソフトが初お目見えし、他にはソフトとスーパーソフトが用意された。ピレリは決勝レース用にソフトとスーパーソフトを1セットずつ確保するよう指定している。

前日に行われた予選ではレッドブルのダニエル・リカルドが自身初ポールポジションを決め、燃料圧のトラブルが発生したメルセデス勢はニコ・ロズベルグが2番手、ルイス・ハミルトンが3番手につけた。

予選6番手のキミ・ライコネン(フェラーリ)はギアボックス交換によって5グリッド降格し、11番グリッドからレースをスタートする。

また、予選Q1ではマシントラブルに見舞われたフェリペ・ナッサー(ザウバー)とクラッシュしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)がノータイムに終わっており、それぞれパルクフェルメ状態でパーツ交換やマシン修復などを行ってピットレーンスタートとなっている。

サーキットは1周3.337km、レースは78周で争われる。決勝日のモンテカルロは朝から断続的な雨に見舞われており、レーススタート時の天候は雨、気温17度、路面温度19度、湿度90%のウエットコンディションだった。路面コンディションが悪いため、セーフティカー先導の下、全員がウエットタイヤを装着した状態でレースはスタートした。

8番グリッドからスタートしたダニール・クビアト(トロ・ロッソ)は1周目が終わったところで早々にピットへ入り、ステアリングを交換してピットにしばしとどまった後にコースへと向かったものの、問題は解決できなかった模様でその翌周にスロー走行で再びピットーンへ。しかし、今度はピットボックスに止まらずにそのままコースへ戻り、その後はペースを取り戻した。

セーフティカーは7周目の終わりに戻り、8周目に本格的なレースが始まる。そのタイミングでルノーのケビン・マグヌッセンがウエットタイヤからインターミディエイトに履き替えるというギャンブルに出た一方、その相棒のジョリオン・パーマーはメインストレートを走行中にコントロールを失い、ガードレールに接触してターン1のウオールに突っ込んで早々と姿を消している。

このインシデントを受けてバーチャルセーフティカーが発令された時点で、リカルド、ロズベルグ、ハミルトン、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、エステバン・グティエレス(ハースF1)がトップ10を走っていた。

バーチャルセーフティカーは10周目に解除され、タイトなモンテカルロでバトルが再開。11周目にライコネンがロウズヘアピンでアウトサイドのウオールに接触し、後ろから来たロマン・グロージャン(ハースF1)が行き場をなくして若干足止めされてしまった。

ライコネンは脱落したフロントウイングがマシンの下に入り込み、ヌーベルシケインのエスケープゾーンでマシンを止めた。このインシデントについてはレース後の審議対象となっている。

その頃には雨がほぼ止みつつあり、路面状態を見てインターミディエイトに履き替えるマシンが出始めた。先頭集団ではペースの上がらないロズベルグが16周目にハミルトンを先行させる。2番手に上がったハミルトンはラップリーダーのリカルドに狙いを定め、ロズベルグは21周目にインターミディエイトに交換した。

その直後、ポジション争いをしていたクビアトとマグヌッセンがクラッシュしてしまい、ピットに戻ったクビアトはそのままレースを終えたものの、マグヌッセンは緊急ピットインを経て何とかレースを続行した。この件はスチュワードの審議対象となっている。

路面状態は急速に改善しつつあり、22周目の時点で上位勢ではリカルドとハミルトンのトップ2のみがウエットタイヤを履いていた。24周目にリカルドがインターミディエイトに履き替えたものの、ハミルトンはさらにウエットのままで粘る。31周目にはついにザウバーのマーカス・エリクソンがドライタイヤのウルトラソフトを投入した。

これを見てハミルトンを含む多くのドライバーがドライタイヤに切り替えていくも、32周目にピットへ向かったリカルドはタイヤの準備が間に合わず、本来前に出られるはずだったハミルトンの先行されてしまった。

この時点で入賞圏内を走っていたのはハミルトン(ウルトラソフト)、リカルド(スーパーソフト)、ペレス(ソフト)、ベッテル(ソフト)、アロンソ(スーパーソフト)、ロズベルグ(ウルトラソフト)、ヒュルケンベルグ(ソフト)、サインツ(スーパーソフト)、ジェンソン・バトン(スーパーソフト)、グティエレス(ウルトラソフト)の面々だった。

35周目、フェルスタッペンがマスネへの進入で態勢を崩し、ウオールに衝突する。このレース5人目のリタイアとなったフェルスタッペンのマシン撤去のため、再度バーチャルセーフティカーが導入された。46周目にはバーチャルセーフティカー中の速度違反でパスカル・ウェーレイン(マノー)に10秒のタイムペナルティが科された。

軽い接触を含む競り合いが隊列全体で続く中、49周目にザウバーがナッサーに対して僚友のエリクソンに道を譲るよう指示を出したものの、その指示が完了される前に2人は同士打ちしてしまう。ダブルリタイアを喫したザウバー勢のバトルの残骸を片付けるため、またもバーチャルセーフティカーが発令され、程なくして解除されている。

ピット作業の遅れでリードを失ったリカルドは勝利を取り戻そうと終始ハミルトンにプレッシャーをかけ続けるも、なかなか追い抜くことはできない。68周目にはコース上に落下物があり、4度目のバーチャルセーフティカー中に除去された。

リカルドの猛攻及ばず、70周を過ぎたところでハミルトンの差は開き始める。一方、レース終盤は4番手ベッテルが表彰台の最後の段を懸けて3番手ペレスの後方1秒以内をひた走っていた。

残り周回数がわずかのところで再び雨が降り始めるも、雨脚はごく軽く、レース展開に影響を与えることはなかった。結局はハミルトンがリカルドに7.252秒差をつけてトップチェッカーを受け、度重なる不運を跳ね返して今季初勝利を決めている。

リカルドは苦味の残る2位、フォース・インディアのペレスが昨年度ロシアGP以来の表彰台フィニッシュをチームに届けた。

4位ベッテルからアロンソ、ヒュルケンベルグ、ロズベルグ、サインツ、バトン、マッサまでが得点を獲得している。

11位ボッタス以下、グティエレス、グロージャン、ウェーレイン、リオ・ハリアント(マノー)が完走を果たした。

次戦はシーズン第7戦カナダGP。最初のセッションである金曜フリー走行は6月10日(金)日本時間19時スタート予定だ。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.