News

  • 中国GP - 決勝

波乱のレースでロズベルグが優勝!

M.S.
2016年4月17日
© Khoo/Sutton
拡大

上海インターナショナル・サーキットにて17日(日)日本時間15時から2016年FIA F1世界選手権第3戦中国GP決勝が実施された。

前日に実施された予選ではメルセデスのニコ・ロズベルグがポールポジションを獲得し、 レッドブルのダニエル・リカルドが2番手につけた。キミ・ライコネンとセバスチャン・ベッテルのフェラーリコンビがその後ろで3番手と4番手に続いている。

ギアボックス交換による5グリッド降格が決まっていたルイス・ハミルトン(メルセデス)はエンジントラブルによってQ1でタイムを記録できず。決勝前に新しいパワーユニットを搭載して22番グリッドにつけた。

予選Q2でタイヤが脱落するトラブルが発生したニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)は危険なリリースに対して3グリッド降格され、予選10番手だったものの13番グリドからスタートする。

2016年は各グランプリに3種類のドライタイヤが持ち込まれ、ドライバーはそれぞれに割り当てられる13セットのタイヤ中、10セットのコンパウンドを自由に選べるようになった。上海にはミディアム、ソフト、スーパーソフトの3種が用意されている。ピレリは決勝用にミディアムとソフトを1セットずつ確保するよう指定した。

予選Q3に進んだ上位メンバーでソフトタイヤを履いてスタートするのはロズベルグのみで、それ以外には10番グリッドと11番グリッドのフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)とフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、14番から16番グリッドのロマン・グロージャン(ハースF1)、マーカス・エリクソン(ザウバー)、フェリペ・ナッサー(同)、18番グリッド以降のエステバン・グティエレス(ハースF1)、ジョリオン・パーマー(ルノー)、リオ・ハリアント(マノー)、パスカル・ウェーレイン(同)、ハミルトンがソフトを装着してレーススタートを迎えている。

セッション開始時の気温は21度、路面温度43度、湿度36%のドライコンディションだった。上海の「上」の字をかたどったサーキットは1周5.451km、決勝レースは56周で争われる。

フォーメーションラップを終えて全車がグリッドにつき、シグナルオフでレースがスタートすると、2番グリッドのリカルドがロズベルグを抑えて先頭に立った。発進がやや遅れたフェラーリ勢は混戦の中でチームメイト同士の接触を回避できず、ライコネンのフロントウイングが脱落した上、ベッテルもマシンに損傷を負いながら走り続ける。後方ではハミルトンもフロントウイングを失い、1周目が終わった時点でハースF1のロマン・グロージャンとともにライコネンとハミルトンがピットへ向かった。

トップ10の並びはリカルド、ロズベルグ、ダニール・クビアト、ペレス、ヒュルケンベルグ、カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、ベッテル、ジェンソン・バトン(マクラーレン)に変わっていた。

リードを奪われたロズベルグは3周目にリカルドをパス。すると、ここまでの段階で損傷があったのか、次の瞬間にリカルドの左リアタイヤがパンクした。ピットレーン入り口の付近まで来ていたリカルドはそのままピットに入り、タイヤを交換して新品のソフトを履いてコースに復帰する。

しかし、スタート直後の接触やリカルドのタイヤ片などを取り除くため、4周目に入ったところでセーフティカーが出動した。この機に多くのマシンがタイヤ交換を行ったものの、ロズベルグ、マッサ、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、ウェーレインらはピットへ入らず走行を続け、得点圏内のオーダーはロズベルグ、マッサ、アロンソ、ウェーレイン、グティエレス、クビアト、パーマー、ハリアント、ペレス、ボッタスという並びに入れ替わった。この間にスーパーソフトに交換したハミルトンは、1周だけでソフトに戻している。

8周目の終わりにセーフティカーが帰還し、レース再開。先頭をキープしたロズベルグに続いたマッサだったが、新しいタイヤで連続オーバーテイクを決めるクビアトに13周目に追い抜かれ、トップ3はロズベルグ、クビアト、マッサという形になった。

多くのドライバーがソフトをチョイスする一方、ミディアムで長いスティントを狙うメンバーが少数いる中で、唯一スーパーソフトを履く12番手ベッテルが隊列を駆け上がっていく。後方に下がったハミルトンは同じく位置を下げたライコネンをオーバーテイクしつつ中団までポジションを戻し、そのライコネンも同様に周囲のライバルをパスして前へ進んでいった。

ピットに入らずにポジションを上げていたアロンソは、ベッテルに4番手を奪われた後で17周目にピットインし、ミディアムに交換。ベッテルも18周目にソフトに履き替えた。

22周目、1回目のタイヤ交換に向かう際に不必要にスローになったとして、13番手走行中のヒュルケンベルグに5秒のタイムペナルティが科される。相棒のペレスもセーフティカー期間中に混み合うピットレーンで危険なリリースがあったとして、レース後の審議対象となった。

最前方の面々は20周目から順次ピット作業をこなし、レース中盤はロズベルグ、クビアト、ベッテル、マッサ、バトンがトップ5にいた。この時点でクビアトとベッテルが2ストップで、その他の3人は1ストップ。タイヤはバトン以外がソフトだった。序盤のセーフティカー導入時にミディアムを履いたバトンは、新しいタイヤを装着するドライバーたちを相手に巧みな防戦を見せるも、ペースの落ち込みは避けられず8番手まで後退した27周目の終わりに2度目のタイヤ交換を実施している。

8番手まで上がっていたハミルトンは31周目に最後のピット作業を完了し、ミディアムタイヤでチェッカーフラッグを目指す。36周目に入ったところでクビアトとベッテルが同時にピットインし、続いてラップリーダーのロズベルグも最終のタイヤ交換を終えた。ベッテルはコース復帰直後にクビアトをかわしている。

上位勢が最後のピット作業をこなしたところで、ポイント圏内を走っていたのはロズベルグ、ベッテル、クビアト、マッサ、ボッタス、ハミルトン、リカルド、ペレス、ライコネン、バトンだった。ソフトを使うベッテル以外は最終スティントにミディアムを選んでいる。

レース終盤に入ってハミルトンがタイヤスモークを上げながらボッタスをパスすると、比較的新しいタイヤを履くリカルドもボッタスの前に出た。また、38周目にソフトタイヤを装着したライコネンが得点圏外から確実にポジションを上げていく。

暫定表彰台メンバーの並びに変化はないものの、その後ろではリカルドとライコネンの進撃やハミルトンの猛追によって激しいバトルが展開された。

56周を終えたロズベルグがトップチェッカーを受けると、37秒後にベッテル、その8秒後にクビアトがフィニッシュラインを通過した。激戦が展開された4位以下のオーダーはリカルド、ライコネン、マッサ、ハミルトン、フェルスタッペン、サインツボッタスとなっている。

11位ペレス以降はアロンソ、バトン、グティエレス、ヒュルケンベルグ、エリクソン、ケビン・マグヌッセン(ルノー)、ウェーレイン、グロージャン、ナッサー、ハリアント、パーマーの順で全車が完走を果たした。

次戦は第4戦ロシアGP。最初のセッションである金曜フリー走行1回目は29日(金)日本時間16時スタート予定。次戦もお楽しみに!

© ESPN Sports Media Ltd.