News

  • F1

予選は中国GPから2015年形式が復活

Me
2016年4月8日 « チームの総意は2015年予選への回帰 | Q3進出は厳しいとアロンソ »
© Gasperotti/Sutton
拡大

F1は第2戦まで使われた不評のライブ方式予選を廃止し、昨年までの予選フォーマットに戻すことを決めた。

残りのレースで使用する予選をどのフォーマットにするかで揺れ動いた結果、最善の道は2015年のシステムに戻すことだというチームの考えにFIAとバーニー・エクレストンがようやく同意した。しかし、オーストラリアで導入された新方式が無残な結果に終わって以来、そこに至るまでには2週間にわたる政治的なこう着状態があり、チームが団結して統一戦線を張ることが必要だった。

シーズン中にレギュレーションを変えるためにはF1委員会の満場一致の同意が必要だ。構成員はチーム、FIA、商業権所有者、スポンサーとレースプロモーターだ。FIA会長のジャン・トッドとエクレストンは7日(木)まで、別のタイム合算システムを推しており、票は割れていた。

このまま誰も譲らなければ、世界中から酷評されたライブ方式が次の中国GP以降も続く可能性があった。しかし、チーム側が明確な意思表示を突きつけたため、FIAとエクレストンはスポーツの利益を考えて彼らの要求をのんだという。その結果、来週末の中国GPを前に急いで2015年のものに戻すための手続きが取られた。

これにより、90秒ごとにドライバーがノックアウトされるライブ方式の予選は2016年の正式ルールから外れたが、FIAが2017年に向けて予選の変更を推し進めるつもりかは見守る必要があるだろう。チームは新しいアイデアにはオープンな考えだが、シーズンの早い段階で実験することには否定的だ。チャンピオンが決定したシーズン末に新案が試される可能性はある。

何より、今回の予選騒動はF1のルール作りのプロセスの柔軟性のなさを露呈する結果となった。

© ESPN Sports Media Ltd.