News

  • F1

2019年から英国のF1放送は有料のみに

M.S.
2016年3月24日 « F1のガバナンスに「問題あり」とGPDA | ベッテルは人の能力を引き出すとクレア »
© Andre/Sutton
拡大

『Sky Sports(スカイ・スポーツ)』が2019年から2024年の独占放送契約を結んだだめ、以降のイギリスにおけるF1放送は有料のみになる。

新契約ではイギリスGPのみが無料で放送され、その他の全ラウンドが有料となる。スカイはハイライトを無料で提供し、有料で視聴する契約を結んだ顧客には来年から超高解像度の放送を開始するという。

今回の契約によってスカイと『Channel 4(チャンネル4)』が放送権をシェアする現行の合意は終了する。F1放送は主要地域で次第に有料化されつつあり、このことが視聴者数減少の主な要因だと見られている。

F1のCEOであるバーニー・エクレストンは「われわれが共に仕事を続けられることを喜ばしく思っている。このスポーツへのスカイの献身、そして放送水準は誰にも引けをとらない」とコメントした。

スカイ・スポーツのスポーツ部門マネジングディレクターであるバーニー・フランシスはこう付け加えている。

「この輝かしい契約はスカイとF1のパートナーシップを新たなレベルへと導く。2012年からわれわれはF1に他の追随を許さないコミットメントを果たし、ファンに専門的なチャンネルや最高の放送タレントというイノベーションを提供してきた」

「われわれは2019年からのライブおよび独占F1放送と、来シーズンに始まる超高解像度映像で、視聴者に向けた放送をさらに強化することを心から喜んでいる。われわれは喜んでF1をサポートし、彼らと共にこの合意において進歩し、チャンピオンシップの放送を向上させていく」

スカイ・スポーツが初めてF1を放送したのは、BBCが独占契約を打ち切って2018年まで半分のレースを放送することに合意した2012年のこと。その後、BBCはF1放送から完全に撤退し、チャンネル4が2018年末までの無料放送契約を引き継いでいる。

© ESPN Sports Media Ltd.